2019年12月25日

PyCamp Caravan 2019年の活動報告

みなさん、こんにちは!
PyCamp Caravan 担当スタッフの塚本です。

日本に Python を普及させるための活動を行なっている一般社団法人PyCon JP。
年に1度のカンファレンス「PyCon JP」や、全国各地で Python 初心者向けチュートリアルを行う Python Boot Camp(pycamp)などを実施しています。
これらの活動をさらに拡大するための施策として、全国各地で行われるオープンソースカンファレンス(OSC)に一般社団法人PyCon JP として出展するのが PyCamp Caravan です。
今年の4月から始まった PyCamp Caravan ですが、計6ヶ所のOSCに出展をしました。
約1年間の活動について、このエントリーで報告をしていきたいと思います。

▼これまでのOSC出展について




2019年は上記のOSCに出展しました。
ブースでは Python Boot Camp チラシと Python ステッカー等を配布しながら、PyCon JP や pycamp についての説明を行いました。

Python3ステッカーは大人気で品切れが続出。
見かけた際には是非ゲットしてください!

Python言語最新情報〜モダンな文法を知ってPythonを使いこなそう〜』のタイトルでセミナーを行なったり、LT大会に出場して pycamp や PyCon JP の宣伝をしてきました。

セミナーの様子(OSC福岡にて)


▼ブース出展


これでは何のブースかわかりにくい(OSC沖縄)

はじめての出展となった沖縄では、配布物としてチラシとステッカーを用意し、参加者に配りました。しかしそれだけでは一見して何のブースなのかが伝わっていないようで、目立つものが必要だという結論に達しました。
そこで制作することになったのが、テーブルクロスです。

テーブルクロスでブースらしさが大幅アップしました(OSC京都)

沖縄の次、OSC北海道からテーブルクロスを使い始めました。ブースっぽさが増したものの『Pythonのブースである』という主張がそれほど強くないため、今後はもうちょっと目立つように作り直したいと思っています。

▼PyCamp Caravanの成果や今後の課題


PyCamp Caravanの目的のひとつに『Python Boot Campを主催してくれる人と出会うこと』があります。2019年の成果としては、直接的・間接的に以下のものが挙げられます。


沖縄出展したあとにpycamp沖縄が開催できたのはすごく良かったと思っています。
その反面、「自分が主催するのはちょっと・・・」と尻込みしてしまう方が多いのも事実。
また、ブースそのものがパッと見の分かりにくさで集客が思うように出来なかったという点も反省点のひとつです。トライして、フィードバックを得て、次に活かすの繰り返しをコツコツやっていくことで改善していきたいと思っています。
そして pycamp の開催まで漕ぎ着けられるよう、今後も頑張っていきます。

ということで、PyCamp Caravanは来年も各地のOSCに出展していきますよ!!
2020年最初の出展は、東京です!

▼次回のPyCamp Caravan

  • オープンソースカンファレンス 2020 Tokyo/Spring
  • 2020年2月21日(金)・22日(土)
  • 駒澤大学 駒沢キャンパス3号館
  • https://www.ospn.jp/osc2020-spring/

PyCamp Caravanとしては初となる、2日連続出展の予定です。
お近くの方はぜひお越しください!お待ちしております。

それでは来年もPyCamp Caravanをよろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿