2020年8月13日

PyCon JP 2021座長募集

 一般社団法人PyCon JP 代表理事の寺田です。

PyCon JP 2020の開催が数週間後に迫ってきました。今年はオンラインでの開催となっていますが皆さんの参加をお待ちしております。

 

2011年から毎年行っているPyCon JPですが、2013年に設立した「一般社団法人PyCon JP Association」から座長を募集し、イベント運営を座長へ委任する形で運営を進めています。
 

今年は西村ヨシロウ(nishi)座長として、数十名のスタッフチームでイベント準備及び運営を行っています。

来年度以降もPyCon JPの開催を継続していきたいと考えており、来年(2021年)のPyCon JP 2021のスタッフチーム組織づくりを始めたいと思っております。なお、PyCon JP 2021は、会場確保ができておりません。オンライン開催の可能性も残っています。
 

つきましては、座長の立候補を募集します。以下のとおり、ご応募下さい。
募集期間: 2020年8月26日(水)まで
メールでの応募: board@pycon.jp 宛

記載内容: 以下の項目

  • 氏名
  • 連絡先メールアドレス
  • 所属(コミュティなど)
  • 今までのPyCon JP/APACとの関係・役割
  • 来年度のPyCon JP概要(わかる範囲で)
  • どのようなイベントにしたいかの思い
  • その他(どんなことでも)


複数人の立候補者が出ましたら、今年のスタッフチームの皆さんの意見を取りまとめ、一般社団法人PyCon JP Associationの理事にて決定します。

期間内に立候補者が出ない場合は、PyCon JP 2020開催中の、「Committee Meeting」内で議論をし、会議中の立候補募集または追加募集の方法を決定します。 

 

 

PyConJP 2020 Patronスポンサーのご紹介

PyCon JP 2020 事務局チームです。

 7/18より募集を開始しておりますPyCon JP 2020 の参加者チケットですが、おかげさまで多くの方々にチケットをご購入頂いております。

中でもパトロンとしてPyCon JP 2020を盛り上げていただける方々をご紹介したいと思います。

PatronスポンサーはPythonへの感謝や貢献を表していただけた方で、PyCon JP 2020 Webサイトへも掲載予定です。

Patronチケットは8/15 23:59(土)で販売終了します。

 そのほか、まだまだ参加者チケットに余裕はありますので、チケットをご購入されていない方は以下からお申し込み頂ければと思います。

PyCon JP 2020 カンファレンス申し込みページ

 

2020年8月10日

PyCon JP 2020 招待講演のお知らせ その5 / Announcement of invited talk #5

(English follows Japanese)
皆さん、こんにちは
PyCon JP 2020 コンテンツチームのTKuramotoです

今年は招待講演のスピーカーが複数名います!
お一人ずつ紹介していきます。(1回目, 2回目, 3回目, 4回目)

招待講演は2015年から毎年実施をしています。
招待講演の目的は各界(学術や産業など)の第一人者をお招きし、普段では中々、聞くことの出来ないお話をPythonを関連させて講演いただくというものです。

招待講演の5人目は、Nina Zakharenko氏です。
私達スタッフはPyCon JP 2020を多様なジャンルのPython使いが楽しめる場にしたいと考えています。
本年度PSFディレクターに就任したNina氏からPSFとコミュニティの関わりと,PSFとしての取り組みについてお話しいただきます。

カンファレンスの醍醐味の1つは、登壇者に直接質問して知見を深めることだと思います。
登壇者に質問できるZoom参加チケットが発売中です!
https://pyconjp.connpass.com/event/181288/

プロフィールと写真は後日更新いたします

Hello, everyone.
I'm TKuramoto, a member of the PyCon JP 2020 Program Committee.

We have five invited speakers for this year!
Let me introduce the five(the first, the second, the third, the fourth).
We expect invited sessions to have an expert in a specific field, present on their expertise and tell their stories, which go beyond what is usually covered at a Python conference.

For this year, we decided to invite Ms. Nina Zakharenko as our invited speaker.
Nina, who took over as PSF Director in June of this year, will talk to us about PSF's involvement with each community and what they are doing as PSF.

One of the best parts of the conference is asking questions directly to the speakers to gain insight.
Tickets to attend by Zoom and ask the speakers are on sale now!
https://pyconjp.connpass.com/event/181288/

Profile and photos will update at a later date.

2020年8月9日

PyCon JP 2020 招待講演のお知らせ その4 / Announcement of invited talk #4


(English follows Japanese)
皆さん、こんにちは
PyCon JP 2020 コンテンツチームのTKuramotoです 今年は招待講演のスピーカーが複数名います!
お一人ずつ紹介していきます。(1回目, 2回目, 3回目)
招待講演は2015年から毎年実施をしています。
招待講演の目的は各界(学術や産業など)の第一人者をお招きし、普段では中々、 聞くことの出来ないお話をPythonを関連させて講演いただくというものです。
招待講演の4人目は、片寄里菜氏です。
私達スタッフはPyCon JP 2020を多様なジャンルのPython使いが
楽しめる場にしたいと考えています。
そこで2017,2018年とPyCon JPで登壇した片寄氏に、ドローンとPythonについて 過去2年間からのアップデートと今後の展望について講演していただきます。


カンファレンスの醍醐味の1つは、登壇者に直接質問して知見を深めることだと思います。 登壇者に質問できるZoom参加チケットが発売中です!
https://pyconjp.connpass.com/event/181288/

片寄氏のプロフィールは以下を御覧ください

片寄里菜氏 / Ms. Lina Katayose
片寄里菜さんは、幼い時より航空機に興味があり、もっと学びたいという想いから東海大学工学研究科・航空宇宙学専攻の博士課程前期に進み、ヘリコプターなど垂直離着陸機の研究を行っていました。 大学院修了後は、WEB関連の仕事をしながら個人的な研究テーマを進め、Pythonと出会いました。Pythonでは主にRaspberryPiを使ったモノを動かすプログラミングに視点を置き、開発などを行っていました。 PyConJPには2016年に初参加。Pythonの楽しさや奥深さを知り、様々なコミュニティに参加し友人・知人を増やしたようです。またPyLadiesTokyoコミュニティ参加をきっかけに、今ではスタッフとして活動しています。 登壇経験としてPyConJP2017と2018ではドローンとPythonに関する内容で発表・実演を行いました。またPyCon Thailand2019ではPyLadiesのコミュニティ活動に関する海外の登壇経験もあります。PyConUSなど海外のPyConに参加している経験もあり、精力的に活動を行っています。 ご自身の仕事は2018年に株式会社moegiを創業し、計測用のスマホアプリなどを開発。日本だけでなく世界の空の活用法や問題点なども調べ、航空機分野の開発者として活躍できるようにと日々活動をしています。

Hello, everyone. I'm TKuramoto, a member of the PyCon JP 2020 Program Committee. We have five invited speakers for this year! Let me introduce the fourth(the firstthe secondthe third).
We expect invited sessions to have an expert in a specific field, present on their expertise and tell their stories, which go beyond what is usually covered at a Python conference. For this year, we decided to invite Ms. Lina Katayose as our invited speaker.

As she had a session about controlling drones by Python on PyCon JP 2017 and 2018, we expect her to talk about updates and perspective on that field.

One of the best parts of the conference is asking questions directly to the speakers to gain insight. Tickets to attend by Zoom and ask the speakers are on sale now! https://pyconjp.connpass.com/event/181288/

Please see below for her profiles.

Lina Katayose has been interested in aircraft since childhood, and her desire to learn more led her to pursue a master's degree in aerospace at Tokai University's Graduate School of Engineering, where she studied helicopters and other VTOL(vertical takeoff and landing) aircraft.

After finishing the graduate school, she worked on her personal research while working on web-related projects and came across Python.

She has programmed using Python mainly focusing on controlling "things"

around using Raspberry Pi.


She attended PyCon JP for the first time in 2016, and after discovering the fun and depth of Python, she joined various communities and made many friends. 
She joined the PyLadies Tokyo community and now she is an organizer of PyLadies Tokyo.

She presented and demonstrated drones and controlling them by Python at PyCon JP 2017 and 2018. 

She is known as an international speaker at PyCon Thailand 2019 and talked about PyLadies' community activities, also has attended in PyCon US and other international PyCon events. 

In 2018, she founded moegi, Inc. and develops smartphone applications.
She is also researching the uses and problems of the skies not only in Japan but also in the world, and working as a developer in the field of aviation.
Twitter: @selina787b

2020年8月8日

PyCon JP 2020 招待講演のお知らせ その3 / Announcement of invited talk #3

(English follows Japanese.)

皆さん、こんにちは。
PyCon JP 2020 コンテンツチームリーダーの二木です。

今年は招待講演のスピーカーが5名います!
お一人ずつ紹介していきます(1回目2回目)。

招待講演は2015年から毎年実施をしています。
招待講演の目的は各界(学術や産業など)の第一人者をお招きし、普段ではなかなか聞くことのできないお話をPythonを関連させて講演いただくというものです。

招待講演スピーカー紹介の3人目は、岩崎祐貴氏です。
私たちスタッフは、提出されたプロポーザルから、MLOpsにおける実験管理のパッケージが参加者の関心が高いトピックと考えています。
岩崎様にはブログ記事「小さく始めて大きく育てるMLOps2020」をベースに講演していただきます。

岩崎氏の招待講演は8/28(金)です。
講演の詳細はタイムテーブルの発表をお楽しみに!

カンファレンスの醍醐味の1つは、登壇者に直接質問して知見を深めることだと思います。
登壇者に質問できるZoom参加チケットが発売中です!
https://pyconjp.connpass.com/event/181288/

Hello, everyone.
I'm Futatsugi, a leader of the PyCon JP 2020 Program Committee.

We have five invited speakers for this year!
Let me introduce the third (the first, the second).

We expect the invited talks to have an expert in a specific field present on their expertise and tell their stories, which go beyond what is usually covered at a Python conference.

For this year, we decided to invite Mr. Yuki Iwazaki as our invited speaker.
From the submitted proposals, we believe that the packages for experiment management in MLOps are attracting a high level of interest.
Mr. Iwazaki will give a talk based on the blog post: “Small start, grow big, MLOps 2020 (in Japanese).”

Mr.Iwazaki will speak on Friday, August 28.
We will publish the timetable soon for more details on his talk.
Stay tuned!

One of the best parts of the conference is asking questions directly to the speakers to gain insight.
Tickets to attend by Zoom and ask the speakers are on sale now!
https://pyconjp.connpass.com/event/181288/

岩崎氏のプロフィールは以下をご覧ください。
Please see below for his profiles.

岩崎祐貴氏 / Mr. Yuki Iwazaki

株式会社サイバーエージェント AI Lab Research Engineer。
2014年にサーバーサイドエンジニアとして入社後、インターネット広告事業でScala、JavaScript、Pythonを使った配信基盤や広告レンダリングエンジン、効果予測システムを作成。
フロント・インフラ・データ分析業務を経て、2017年から現職。
クリエイティブリサーチグループにて広告のテキストや画像、動画等の高次元特徴から配信影響を紐解く研究に従事。
ゲームでは魔法使いのような紙耐久アタッカーが好き。

Yuki is a Research Engineer at AI Lab on CyberAgent, Inc.
After joining the company in 2014 as a server-side engineer, he developed an ad delivery platform, ad rendering engine and effect prediction system using Scala, JavaScript and Python in the Internet Advertising Business.
He has been in his current position since 2017 after working in frontend, infrastructure and data analysis.
He works in the Creative Research Group and analyzes the impact of streaming from high-dimensional features such as text, images and videos in ads.
In RPG games, he likes paper armor attackers like wizards.

2020年8月7日

PyCon JP 2020 招待講演のお知らせ その2 / Announcement of invited talk #2

(English follows Japanese.)

皆さん、こんにちは。
PyCon JP 2020 コンテンツチームリーダーの二木です。

今年は招待講演のスピーカーが5名います!
お一人ずつ紹介していきます(1回目はこちら)。

招待講演は2015年から毎年実施をしています。
招待講演の目的は各界(学術や産業など)の第一人者をお招きし、普段ではなかなか聞くことのできないお話をPythonを関連させて講演いただくというものです。

招待講演スピーカー紹介の2人目は、露木誠氏です。
私たちスタッフはPyCon JP 2020を多様なレベルのPython使いが楽しめる場にしたいと考えています。
『パーフェクトPython』の著者のお一人である露木氏にPython中級者・上級者向けに講演していただきます。

露木氏の招待講演は8/29(土)です。
講演の詳細はタイムテーブルの発表をお楽しみに!

カンファレンスの醍醐味の1つは、登壇者に直接質問して知見を深めることだと思います。
登壇者に質問できるZoom参加チケットが発売中です!
https://pyconjp.connpass.com/event/181288/

Hello, everyone.
I'm Futatsugi, a leader of the PyCon JP 2020 Program Committee.

We have five invited speakers for this year!
Let me introduce the second (the first is here).

We expect the invited talks to have an expert in a specific field present on their expertise and tell their stories, which go beyond what is usually covered at a Python conference.

For this year, we decided to invite Mr. Makoto Tsuyuki as our invited speaker.
We want PyCon JP 2020 to be a place where Python users of all levels can enjoy themselves.
Mr. Tsuyuki, a member of the authors of the book "Perfect Python," will give a talk for intermediate and advanced Python users.

Mr.Tsuyuki will speak on Saturday, August 29.
We will publish the timetable soon for more details on his talk.
Stay tuned!

One of the best parts of the conference is asking questions directly to the speakers to gain insight.
Tickets to attend by Zoom and ask the speakers are on sale now!
https://pyconjp.connpass.com/event/181288/

露木氏のプロフィールは以下をご覧ください。
Please see below for his profile.

露木誠氏 / Mr. Makoto Tsuyuki

2000年頃にファッションジュエリー業界からIT業界へ移り、以来ソフトウェアエンジニアとして働いています。
Python、Java、Perl、Rubyなどのプログラミング言語を用いてB向けC向けを問わずさまざまな開発に従事してきました。
ソフトウェアエンジニア・チーフアーキテクト・テックリードなどとして開発に携わるのみならず、プログラミング講習の講師や自社サービス用工場の立ち上げなど、開発から外れた仕事もしてきました。
ここ数年はエンジニアが働きやすい環境づくりなどにも関わっています。

Makoto moved from the fashion jewelry industry to the IT industry around 2000 and has been working as a software engineer ever since.
He has worked on a variety of development projects both for BtoB and BtoC using Python, Java, Perl, Ruby, etc.
He has worked not only in development as a software engineer, a chief architect or a technical lead, but also worked outside of development, such as a programming courses teacher and a member of starting up in-house factory.
In the past few years, he has been involved in creating a comfortable environment for engineers.

2020年8月6日

PyCon JP 2020 招待講演のお知らせ その1 / Announcement of invited talk #1

(English follows Japanese)
皆さん、こんにちは
PyCon JP 2020 コンテンツチームのTKuramotoです
今年は招待講演のスピーカーが複数名います!
お一人ずつ紹介していきます。

招待講演は2015年から毎年実施をしています。
招待講演の目的は各界(学術や産業など)の第一人者をお招きし、普段では中々、
聞くことの出来ないお話をPythonを関連させて講演いただくというものです。
招待講演の1人目は、打田智子氏です。
自然言語処理に必須である前処理を汎用化して実装しているJanomeについて、
開発者である打田氏から2015年に登壇してからのアップデートと今後の開発。
そして個人開発を続けるモチベーションについて講演していただきます。


打田氏の招待講演は8/28(金)です。

講演の詳細はタイムテーブルの発表をお楽しみに!

PyCon JP 2020のカンファレンスはチケット発売中です。


打田氏のプロフィールは以下を御覧ください



打田 智子氏

2007年に筑波大学大学院システム情報工学研究科の博士前期課程を修了後,いくつかのIT系企業を経て,現在は株式会社 LegalForce の R&D チームで検索システムや言語処理の研究開発に従事。2015年に Python 製日本語形態素解析ライブラリ Janome を OSS として公開し,同年 PyConJP にも登壇。Janome の開発をほそぼそ続けながら,2019年から OSS 検索エンジンライブラリ Apache Lucene のコミッターも務める。興味のある分野は情報検索と機械学習,自然言語処理。海の見える部屋で猫と暮らすのが夢。

Hello, everyone.
I'm TKuramoto of the PyCon JP 2020 Program Committee.
We have five invited speakers for this year!
Let me introduce the first.
We expect invited sessions to have an expert in a specific field, present
on their expertise and tell their stories, which go beyond what is usually
covered at a Python conference.

For this year, we decided to invite Ms.Tomoko Uchida as our invited speaker.

Pre-processing is essential for natural language processing.
She will talk about Janome, which has a generic implementation of
preprocessing, and the updates and the updates she has made
since she took the stage in 2015 and her future development. 
She will also give a talk about her motivation to continue her personal development.

Ms.Uchida invited talk will be on Friday, August 28.
We will publish the timetable soon for more details on her talk. Look forward to it!
PyCon JP 2020 Conference Tickets are on sale.
Please see below for her profiles.

Tomoko completed the master's program at the University of Tsukuba Graduate School of Systems and Information Engineering in 2007.
After working for several IT companies, she is currently engaged in research and development of search systems and language processing at the R&D team of LegalForce Inc. In 2015, she released Janome, a Japanese Python morphological analysis library as OSS, and had a presentation on PyCon JP. She is also a committer of Apache Lucene, an OSS search engine library, from 2019. She is interested in information retrieval, machine learning, and natural language processing. She is dreaming of living with her cats in a room with a view of the ocean.

Twitter: @moco_beta

2020年8月2日

PyCon JP 2020 サポートスタッフ(当日スタッフ)募集開始のお知らせ

こんにちは!
PyCon JP 2020のサポートスタッフ募集のお知らせです。

PyCon JP 2020ではカンファレンス当日のサポートスタッフを絶賛募集しています!
サポートスタッフは、会期中にスタッフの一員としてカンファレンス運営に携わるメンバーです。
- 各セッションのサポート(タイムキーパー等)
- 配信のサポート
- カンファレンスの巡回
- その他運営サポート


# 詳細
- 8/28(金)〜8/29(土)カンファレンス
- 8/30(日)チュートリアル
事前説明会・リハーサルへの参加が必要です。日程等詳細は申込ページをご確認ください。


通年でのスタッフ活動がなかなか難しいという方も、短期間でのスタッフ参加が可能です。
一緒にPyCon JP 2020を盛り上げていきましょう!!

サポートスタッフ申し込み

※スタッフ・サポートスタッフも一参加者としてカンファレンス参加費用が必要です(Everyone paysという方針で行っています)。詳しくはリンク先をご確認ください。

是非是非ご応募ください!!