2019年1月12日

PyCon JP 2019 Kickoffを実施しました & テーマ募集

PyCon JP 2019座長の吉田です。


PyCon JP 2019 Kickoff を開催しました。

1/8(火)にPyCon JP 2019のスタッフのKickoff兼新年会を私の所属会社の会議室で開催しました。
途中からは新年会ですので、お土産(吉田が帰省したり旅行して買ってきた物)やお寿司をつまんだり、軽いアルコールを飲みつつ進めました。


内容としては主に下記の検討を開始したといったところです。
  • 現時点のスタッフ顔合わせ
  • 2018KPTをベースに2019の大枠の検討
    • トラック数、セッション数検討
    • スポンサー体系の検討
  • 今後の進め方、マイルストーンについて検討
    • マイルストーン
      • テーマ・コンセプト
      • ロゴ
      • CFP時期
      • スポンサー募集開始時期
      • Webサイト
      • 参加者募集時期
  • スタッフチーム構成案の検討
    • 外部へ委託検討する項目の検討
    • スタッフ募集について

スタッフ募集について

このblogにてPyCon JP 2019のコアスタッフの募集(公募)を開始します。
Kickoffまでは具体的な作業はないため、2018のスタッフを対象に2019のスタッフを募集しておりました。
これから9月のPyCon JP開催に向けスタッフの準備活動が本格化します。

現在はPyCon JP 2019開催を積極的に進められるコアスタッフを募集しています。

Pythonコミュニティを盛り上げたい方やカンファレンススタッフをやってみたい方の応募をお待ちしています。

このフォームから申し込みをお願いします。

PyCon JPスタッフがどんな活動をしているか、見てみたい方は https://pyconjp-staff.connpass.com/ でスタッフが定期的にミーティングを行っていますので「にぎやかし」で参加してみてください。

今年もNOCチーム募集を予定しています。開催数ヶ月前に募集開始を予定しています。
今年も当日スタッフの募集も行います。開催1-2ヶ月前の募集開始を予定しています。
上記は募集開始時にまたこのblogでお知らせします。

PyCon JP 2019 テーマ募集

PyCon JP 2019ではテーマ・コンセプト案について公募することをKickoffで決定しました。
フォーム等で投票いただくことも考えましたが、簡単にスプレッドシートに記載いただくことで集めたいと考えています。

シートに簡単なサンプルとしてスタッフ応募時にスタッフが登録したテーマ・コンセプト案を記載しています。また過去のテーマについても別シートに記載しております。
公募期間については1月中を予定しています。

テーマ選定方針について事前に決まっている物はありませんが、
過去のテーマ検討時のスタッフコメントが他のシートにありますので、参考にしていただければと思います。

実際のテーマの決定についてはその後スタッフ内で検討して本blogで発表します。
最後になりましたが、本年もよろしくお願いします。


2019年1月9日

「PyLadies Caravan」発足のおしらせ

新年あけましておめでとうございます。はじめまして。PyLadies Tokyoのまーやです。
PyLadies Tokyo主催・PyCon JP後援にて「PyLaides Caravan」というmeetupプロジェクトを発足したことをおしらせいたします。

PyLadies Tokyo 秋合宿2018 の時の集合写真

PyLadies Caravan とは

https://pyladiestokyo.github.io/caravan/index.html

PyLadies Tokyoのメンバーが東京を飛び出し、日本各地の女性Pythonistaとオフラインコミュニケーションをとろう!という企画です。各地域のPyLadiesとオフラインで会うことで、より深く・カジュアルな関係を築き、日本中の女性Pythonista同士のネットワークをより強くしていこうという目的で発足しました。

現在、下記4箇所での開催を予定しています。

PyLadies Caravanは「Pythonについて学ぶこと」「女性Pythonistaのネットワークを構築する」の二本柱で運営を進めています。

「Pythonについて学ぶこと」のセッションについては、(今のところ)特に決まったコンテンツがありません。各開催地にお住まいの女性Pythonistaの方からの要望を聞きながらコンテンツを決めていきます。

例えば・・・・

  • 福岡
「子供の授業でプログラミングが始まるので私も一緒に習ってみたい」 -> 子供ハンズオン&大人のためのPython入門セッション
  • 京都
「分析してみたい」「Python初心者も参加予定」-> Python分析入門 & 最近分析を始めた私からこれから始めるあなたへ的なセッション

などなどです。

「女性Pythonistaのネットワークを構築する」については、アンカンファレンス形式の座談会を行う予定です。meetup内で質問や議論したい内容を集め、アンカンファレンス形式で対話をしていきます。Pythonについての質疑応答はもちろん、「このライブラリめっちゃかわいい」のような熱い気持ちの吐露もよし、女性エンジニアあるあるな話で盛り上がるもよし、ライフステージとキャリアとかについて議論するもよし、です。

ゆるくたのしくをモットーに、日本の女性Pythonistaとのコミュニケーションを楽しむ運営をしていきたいと思います。

PyLadies Caravan運営スタッフを募集しています

PyLadies Caravanのmeetupを開催するには開催地にお住まいの「地元スタッフ」が不可欠です。PyLadies Caravanのイベントに興味が沸いた女性Pythonistaの方がいらっしゃいましたらぜひ下記お問い合わせフォームよりご連絡ください!


また、通年各地のPyLadies Caravanに携わるコアな運営スタッフも随時募集中です。ご興味ある方いらっしゃいましたら同じく上記お問い合わせフォームよりご連絡ください!

PyLadies Tokyoとは

これだけ長々書いておいて今更ですが、このPyLadies Caravanを主催しているPyLadies Tokyoについて少し説明させてください...!

PyLadies Tokyoとは、San Franciscoに本部を置く世界的女性PythonistaコミュニティPyLadies の東京支部です。初心者/熟練者問いませんので,Pythonでコードを書いたことがない...という方でも、Pythonに興味があればお気軽にご参加いただけます。
その他、PyLadies JapanというSlackワークスペースも持っております。日々エラーについての質問や世界のPyConの話題、データ分析・IoT・WEBフレームワークなど各分野ごとの会話など様々なチャネルで情報共有やコミュニケーションをとっています。よろしければぜひご参加ください(本Slackへの参加は女性のみとさせていただいております)。


おわりに

「日本中のPyLadiesに会いたい」という突拍子もない想いを真摯に受け止め、フォローしてくださっているPyCon JP・Python Boot Campの運営みなさまには本当に本当に感謝です。ありがとうございます!!!

PyLadies Caravan、まだまだ始まったばかりでいろいろ運営体制も満足にはそろっていない状況ではありますが、せっかくのやる気チャンスを逃さず頑張っていきたいと思います。
ひとまず第一回目のmeetupを成功させられるようにがんばるぞー!! ('ω')g

これからもどうぞPyLadiesをよろしくおねがいします。


※1 : PyLadies Caravan in 福岡の後援コミュニティであるJava女子部さんから小学校中学年向けプログラミングハンズオンをお借りいたしました。

2018年12月14日

「Python Boot Camp in 仙台」を開催しました!


Python Boot Camp in 仙台」 現地スタッフの山田です。
128()に宮城県仙台市の株式会社エスクルーで「Python Boot Camp in 仙台」を開催しました。

 Python Boot Camp 一般社団法人 PyCon JP  Python の普及を目指して全国各地で開催する初心者向けのチュートリアルです。仙台では Python Boot Camp の第1回目となり、東北では4回目となる今回は総勢28名が参加し、仙台の勉強会としては大規模な開催となりました!!! 参加者の内訳は以下のとおりです。
一般参加者16名、学生5名、講師1名、ティーチングアシスタント(TA4名、現地スタッフ2

Python Boot Camp in 仙台の集合写真

会場準備

私が到着した頃には会場の設営もほぼ終わっており、皆様の気合が感じられました。
そして、講師、TAスタッフの顔合わせと自己紹介から始まりました。

会場設営

講師、TA、現地スタッフの挨拶


ランチミーティング

昼食も兼ねて事前に講師、TAスタッフでランチミーティングを行いました。ランチミーティングは仙台市を中心に展開されているぼんてん食堂さんの洋風居酒屋店のびすとろ ぼんてんで開催しました。
パスタ、ステーキ、トルコライスなど各自食べたいものを食べて、全体の流れ、各メンバーの役割などについて確認を行いました。


 イベントレポート
本日の流れの説明

12時半に開場してから、徐々に人が集まり出しました。数名欠席となりましたが会場は満員御礼。
そして13時からいよいよ PyCampがスタートしました。まずは現地スタッフの大久保さんから会場の説明や本日の流れを一通り説明され、講師の寺田さんにバトンタッチ!

バトンタッチ!

講師の寺田さん(@terapyonからは少しジョークを交えた自己紹介で会場の緊張感も徐々に薄れお互いの自己紹介の際には笑い声なども聞こえ会場の雰囲気も和やかに。参加者の方は仙台市を中心に宮城県の県南や県北からご参加いただきました!学生から地元企業のエンジニア、プログラミング初めてだけどPythonにチャレンジしてみたいと思っていた方など、幅広い年代、バックグラウンドの方が集まりました。
 
各自の自己紹介

今回はWindows利用者の方が多かったですがPython の環境を整えるところからファイル操作までは比較的スムーズ且つ和やかな雰囲気で進んでいきました。イベントの途中にはおやつタイムがあり、仙台名物の「ずんだ」を使用した大福やカントリーマアムを参加者の皆さんとお菓子をつまみながら Python の話や PyCamp を踏まえて、普段の仕事の話など、PyCamp に参加したからこそできる話を参加者同士で交わすことができました。
 
本日のおやつ

内容も徐々に本格的になり、venv やスクレイピングあたりまでいくと苦戦される方が多くいるように感じられましたが、TAの方のフォローもあり全体としては予定通りに進み、実践的に Python を体験することができたのではないかと思います。


懇親会

懇親会は仙台駅近の繁華街にある「赤べこ」さんで開催しました。 参加者・講師・TA・スタッフ16名でわいわい盛り上がりました最初の一杯目から日本酒を頼む方がいらっしゃるくらい皆さまお酒好きな方も多く終始楽しい雰囲気でPyCampのお話しなどで盛り上がり気付いたら三次会まで行っておりました。

懇親会
二次会
三次会


さいごに
 Python Boot Camp in 仙台は仙台駅からも近く宮城県の中心地という事もあり、最終的には21名の方にご参加頂き大変感謝しております。私はPythonに少し触れた程度のレベルで現地スタッフとして参加させて頂きましたが、寺田さんの説明や考え抜かれたコンテンツはプログラミングに触れた事ない方でも半日でスクレイピングまでの概要を理解できる内容となっており私自身も楽しく参加できました!

Pythonで繋がる PyCamp ですが、この場を機会に、もちろん Python、そして Python だけにとどまらず東北、宮城県のテクノロジーの文化やコミュニティを築いていくきっかけになればと思っております!!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

最後に講師を引き受けてくださった寺田さん、TAで参加してくださった徳納さん、吉田さん、鮫島さん、太田さんどうもありがとうございました。また会場をご提供下さいました株式会社エスクルーはじめイベントの運営を一から行っていただいた大久保さん、ご協力くださいました皆様に本当に感謝いたします。ありがとうございました!!!

Togetterまとめ
当日の様子は以下のTogetterにもまとめましたのでこちらもぜひご覧ください。
以上、Python Boot Camp in 仙台 の開催報告でした!
またどこかのPythonイベントでみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

Python Boot Camp スタッフ募集

PyCon JP は全都道府県で Python Boot Camp(初心者向けPythonチュートリアル) の開催を目指しています。自分の町でPython Boot Campが開催されないかな、と思っている方は、ぜひ現地スタッフとしてエントリしてみてください。現地スタッフとしてPython Boot Campを開催することは、参加者やご自身のスキルアップだけではなく、新たなPythonistaとのすばらしい出会いを提供してくれるものと思います!気になるかたはぜひ、以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。



2018年12月12日

「Python Boot Camp in 山梨」を開催しました!

こんにちは。「PythonBootCamp in 山梨」現地スタッフの高木です。
11/17(土)に山梨県甲府市の「株式会社アイティードゥ」で「PythonBootCamp in 山梨」を開催いたしました。


集合写真!みなさんいい笑顔!

Python Boot Campは一般社団法人 PyCon JP がPythonの普及を目指して全国各地で開催する初心者向けのチュートリアルです。
山梨はPython Boot Camp の第28回目となります。
一般参加者8名、学生9名、合計17名の参加者、講師1名、ティーチングアシスタント(TA) 3名、スタッフ2名を含めると総勢23名での開催となりました。

イベント準備
まずは、会場近くの「ヒナタ食堂」でランチミーティングを実施しました。
500円でランチがたべれるので、お財布に優しいです。
ランチミーティングでは、一日の進行の確認をし、残った時間で楽しく会話しました。


まだ誰もいない講習会会場


会場に戻るとすでに参加者がお待ちしてたので、急いで準備です。

イベントレポート 
13時からイベント開始です。
まずは、参加者みんなで自己紹介をしました。
参加者は近くに山梨大学があったのもあり学生さんが多かったです。県外からの参加者もいらっしゃっていました。 


自己紹介


イベント前半は、Pythonの基礎をついて学びました。
やはり、最初は皆さん緊張気味?で講師のたかのりさんの声だけ響いている感じでした。
チュートリアルは FizzBuzz 関数をつくってみよう!から始まり、少しづつ和やかな雰囲気になりました。


おやつのくろ玉


良い雰囲気になってきたところで、おやつタイムです!
おやつは山梨の銘菓、澤田屋の「くろ玉」にしました。
参加者の方々には、信玄餅を買ってくるとおもっていたと言われましたがその考えは甘いです。(くろ玉はとても甘くておいしかったです。) 

くろ玉を食べながら和気あいあいと15分休憩を楽しみました。 

後半からは参加者から質問が出るようになり、TAの方も忙しそうでした。


TAみなさん忙しそうです。


venvを用いた環境構築方法を学び、WEBのスクレイピングに挑戦していました。 



Webスクレイピング中

チュートリアルが終わったので懇親会へGO!!
会場は甲府駅の近くの「Hops and Herbs」です。
本格的なビールが楽しめるお店です。
Pythonの話や仕事の話、いろいろな話題で盛り上がりました。



参加ありがとうございました。いい懇親会でした!


イベントを終えて 
たくさんの方に参加いただき、ありがとうございました。 イベントでのアンケートも大変好評いただき感謝の限りです。
山梨ではTECH系のイベントが少なく、今後もいろいろなTECH系のイベントを継続的に開催したいと感じました。 



Togetterまとめ
当日の様子は以下のTegetterにまとめましたのでこちらもぜひご覧ください。 https://togetter.com/li/1289533

新聞に掲載されました!
山梨日日新聞でも紹介されました。 以下、電子版の記事です。 https://www.sannichi.co.jp/article/2018/11/18/00310196 

Python Boot Camp 開催地スタッフ募集 
PyCon JP では日本各地での初心者向け Python チュートリアルイベント 「Python Boot Camp ( #pycamp ) 」を開催しています!! 現地で Python Boot Camp の開催をサポートをしてくださるスタッフの方を募集しています。 
ご興味のある方は下記のフォームよりご連絡ください。 現地スタッフ申し込みフォーム Python Boot Camp(初心者向けPythonチュートリアル https://www.pycon.jp/support/bootcamp.html 

2018年11月28日

「Python Boot Camp in 岡山」を開催しました!

こんにちは。「Python Boot Camp in 岡山」現地スタッフの山手(@k5_yamayama)です。

11月23日(金・祝)に岡山県倉敷市の株式会社アイネットにて「Python Boot Camp in 岡山」を開催しました。


集合写真

Python Boot Camp は一般社団法人 PyCon JP が Python の普及を目指して全国各地で開催する初心者向けのチュートリアルです。
岡山は Python Boot Camp の第27回目となります。岡山では初の開催でしたが、一般参加者13名、学生5名、計18名の参加者、講師1名、ティーチングアシスタント(TA)4名、現地スタッフ4名、総勢27名での開催となりました。



入り口の様子





ランチミーティング


イベント当日は事前に講師、TA、スタッフでミーティングを行いました。懇親も兼ねて会場でお弁当を食べながら各メンバーの紹介と役割を確認しました。


全体の流れをみんなで確認中!



当日のお弁当



イベントレポート


12時半に開場してから、あっという間に皆さんが集まりました。(急遽キャンセルが出る等がありましたが…)
そして13時からPyCampがスタートしました。まずはスタッフの自己紹介を行いその後、参加者の自己紹介を行いました。
参加者の方は、地元近隣の方が多かったのですが一部、広島からご参加くださった方も!
学生から地元のエンジニアなどの幅広い年代の方々が集まりました。

講師は今回が初講師の新井さん (@massa142) が担当しました。前半はPythonの基礎部分について学んでいきました。適度な緊張感のある中、みなさん比較的スムーズにいけたと思います。途中、講師がTAから厳しいツッコミ(フォロー?)を受ける部分もありつつ、和気あいあいと進んでいきました。

後半は、応用編(ファイル操作、正規表現、仮想環境、スクレイピング)を学んでいきました。少し難しかったのと時間が足りなかったこともあり少し、駆け足になった感がありましたが実践的に Python を体験することができたのではないかと思います。

チュートリアル中!



途中におやつタイムでは、参加者と講師、TA。スタッフとお菓子を食べながらPythonの話ができたと思います。(参観者の方からの差し入れできびだんごをいただきました!)


倉敷銘菓の藤戸饅頭と差し入れのきびだんご

懇親会


懇親会は会場にてビアバッシュ形式で行いました。 参加者・講師・TA・スタッフ18名(急遽2名の方が飛び入り参加)でわいわい盛り上がりました。(ここでも参加者の方からお酒の差し入れをいただきました!)

お寿司とピザと中華(なんでもあり)



さいごに

Python Boot Camp in 岡山を開催するまでに1年かかりましたがやっと開催できて本当に良かったです。
当初は参加者が集まるか心配していましたが沢山の方が参加していただきありがたく思います。
これからも岡山のPythonをみんなで盛り上げていきたいと思っていますので今後ともよろしくお願いします。最後に講師の新井さん、TA、スタッフの皆さん、また、会場を提供いただきました株式会社アイネット様には本当に感謝しています。ありがとうございました!


Togetterまとめ


当日の様子は以下のTogetterにもまとめましたのでこちらもぜひご覧ください。
以上、Python Boot Camp in 岡山 の開催報告でした!
またどこかのPythonイベントでみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!


参加者ブログ




Python Boot Camp スタッフ募集


PyCon JP は全都道府県で Python Boot Camp(初心者向けPythonチュートリアル) の開催を目指しています。
自分の町でPython Boot Campが開催されないかな、と思っている方は、ぜひ現地スタッフとしてエントリしてみてください。現地スタッフとしてPython Boot Campを開催することは、参加者やご自身のスキルアップだけではなく、新たなPythonistaとのすばらしい出会いを提供してくれるものと思います!気になるかたはぜひ、以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。




2018年11月26日

「Python Boot Camp in 静岡県藤枝市」開催決定のお知らせ

みなさん、こんにちは。
「Python Boot Camp in 静岡県藤枝市」現地スタッフの塚本です。

このたび「Python Boot Camp  全国ツアー(略称: PyCamp)」が2019年1月12日(土)、藤枝市で開催されることが決定いたしました。

藤枝駅冬の名物『ルミスタ☆ふじえだ~ファンタジックイルミネーション~』
夕方5時から点灯しているのでイベントの帰りにご堪能ください!

静岡県での開催は2017年11月の「Python Boot Camp in 静岡(浜松市で開催)」に続いて2回目となります。
今回の会場はJR藤枝駅近くの「BiVi藤枝」1階にある『BiViキャン』です。

藤枝市を含む静岡県中部地区では Python の勉強会はそれほど多くありません。
今まで Python に興味があったけど周りに使っている人がいないという方や、
すでに使っているけど初級者から先へステップアップできないという方は、
この機会に参加してみませんか?

「Python Boot Camp」のお申し込みはこちらから
https://pyconjp.connpass.com/event/106920/

イベント終了後には懇親会を予定しています。
講師・TAも参加予定ですので疑問や質問があればジャンジャン聞いちゃいましょう!
懇親会のお申し込みはこちらから
https://pyconjp.connpass.com/event/106921/

▼ Python Boot Camp とは?


Python Boot Camp は、多くの皆さんに Python を知ってもらいたいという意図で、全国各地で初心者向けのチュートリアルを行っています。
講師の他にTA(講師アシスタント)が付いているので、わからないところがあっても丁寧にサポートします。
過去の開催実績は以下にまとめています。レポートブログもあるので、チェックして雰囲気を掴んでみてください。
https://www.pycon.jp/support/bootcamp.html

また「自分の住んでいる地域でも Python Boot Camp を開催してほしい!」という方は、以下のフォームよりお申し込みをお願いします。
Python Boot Camp 全国ツアーお問い合わせフォーム

▼ 講師について  


今回の講師は新井正貴さん(@massa142)にお願いしております。
以下は新井さんのプロフィールです。

東京大学文学部卒業、アライドアーキテクツ株式会社にて勤務。
2016年4月、株式会社SQUEEZEに入社。

コミュニティ活動として、
 PyCon JP 2015〜 スタッフ
 DjangoCongress JP 2018 スタッフ
 Pythonもくもく会の主催など、
共著書に「React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発(2018 技術評論社刊)」また、CodeZineにて「モダンDjango入門」を連載中。
趣味はラクロスとPerfume。

▼ 懇親会について  


イベント終了後には懇親会も予定しています。
開催場所はまだ未定ですが、JR藤枝駅近くの予定です。
講師やほかの参加者と仲良くなって Python 仲間を増やすチャンスですよ!
ぜひこちらにもご参加ください。

それでは2019年1月12日(土)、藤枝市の『BiViキャン』でお待ちしております!

2018年10月23日

PyCon JP 2018 忘れ物

PyCon JP 2018が終了して1ヶ月が経ち片付け等も一段落してきました。
座長の吉田です。

PyCon JP 2018 2日目クロージングでも紹介しましたが、
会場に数点忘れ物が有りました。
その場等で持ち主が見つかった物が多いですが、下記はまだ申し出がありません。


  • Suicaロゴの折りたたみ傘
  • Microsoft ロゴのモバイルマウス

上記2点をPyCon JPで保管しています。
心当たりの方は pyconjp [ at ] pycon.jp までメールでお問い合わせください。