2022-06-24

PyCon JP TV #17「PyCon US 2022 振り返り Part.2」を配信しました。次回 #18 は7月1日(金)テーマは「ブラウザでPythonが動くPyScriptを解説」

鈴木たかのり@PyCon JP Associationです。

PyCon JP TV #17を配信したのでその報告と、次回#18の予告です。

PyCon JP TV #17

前回のPyCon JP TVは#16に引きつづき「PyCon US 2022振り返り Part.2」と題して6月3日(金)に配信しました。視聴してくれたみなさん、リアルタイムでコメントなどいただいたみなさんありがとうございました。

見て面白かったら高評価してくれたり、チャンネル登録してくれるとうれしいです。

動画はこちらです。(インデックスも入っています)


各種関連情報へのリンクなどは、以下のPyCon JP TVのWebページで確認できます。

Pythonニュースでは以下についてとりあげました。

  • PyCon JP 2022: ロゴ決定、スポンサーパッケージ公開
  • 海外PyCon: PyCon APAC 2022チケット発売開始、PyCon Korea 2022
  • 国内イベント: Python Boot Camp in 広島2nd、DjangoCongress JP 2022
  • PyCon JP AssociationのCommunity Service Awards受賞式

メイントーク: PyCon US 2022 振り返り Part.2

メイントークでは、前回に引き続きアメリカはユタ州のソルトレイクシティで開催された、PyCon US 2022(https://us.pycon.org/2022/)についてお伝えしました。

今回はカンファレンスの2日目と3日目の様子をお伝えしました。

寺田パーソナリティのLT、興味深いキーノート、PyCon JP 2022のLTでの紹介、日本からのスピーカーの発表、PSFからの表彰の様子など、さまざまなカンファレンス内でのできごとを伝えられたかなと思います。

現地の雰囲気が伝わっていたらうれしいです。

PyCon JP TV #18 予告

次回PyCon JP TV #18は2022年7月1日(金) 19:30から配信予定です。

メイントークのテーマは「ブラウザでPythonが動くPyScriptを解説」です。PyCon US 2022(https://us.pycon.org/2022/)のキーノートで発表された衝撃の技術「PyScript」について紹介します。

実際にコードを入力して動かしながら、どういった技術なのかを一緒に解き明かしていきたいと思います。

では、次回のPyCon JP TVでお会いしましょう。

PyCon JP TVお便りコーナー へのお便りもお待ちしています。


2022-06-21

Python Boot Camp Tour Tシャツ プレゼント条件をご存知ですか?

こんにちは。Python Boot Campコアスタッフの小林です。

Python Boot Camp (略して #PyCamp ) は、2022年も元気に活動中です。

2022年の記念すべき第1回目は、5/28(土)に Python Boot Camp in 佐賀 を開催しました。開催後の集合写真はこちら。佐賀開催を盛り上げてくれた参加者の皆様、現地スタッフの皆様、TAの皆様、清水川さんありがとうございました。

PyCamp佐賀集合写真

Python Boot Camp にご参加された方から「Python Boot Camp Tour T シャツはどこで入手できるのですか?」とお問合せをいただきましたので、この質問に答えちゃいます。

▼Python Boot Camp Tour Tシャツ とは?

現地スタッフ、TA、講師の方が着ているこのTシャツです。

Python Boot Camp Tour Tシャツ

このTシャツは、PyCampの開催をサポートしてくださる現地スタッフ、TA、講師の方に感謝の意を込めてプレゼントしています。PyCampの運営を支えてくださりありがとうございます。

ちなみに、背中のデザインは、これまでの開催地を辞書型(dict)で記しています。
なかなかこだわっていると思いませんか?

Python Boot Camp Tour Tシャツ 背中デザイン

このTシャツは、下記の条件を満たした方にプレゼントしています。

PyCampのTAまたは、現地スタッフを2回以上やってくれた方。

PyCampのTA、現地スタッフをやりたいお問合せお待ちしております。

そうそう PyCon JP 2018 の ポスターセッションでは、PyCamp Tour Tシャツを着て集合写真撮りました。今後開催される PyCon JP もPyCamp関係者と一緒に集合写真を撮りたいと思っています。ぜひ、このチームに加わってください。
PyCon JP 2018 ポスターセッション集合写真


▼Python Boot Camp とは?

一般社団法人 PyCon JP Association では、多くの皆様にPythonを知ってもらいたいという意図で、日本各地での初心者向け Python チュートリアル「Python Boot Camp (#pycamp)」を開催しています。

開催実績は、以下にまとめています。レポートブログもあるので、チェックして雰囲気を掴んでみてくださいね。

https://www.pycon.jp/support/bootcamp.html

▼Python Boot Camp 開催地募集について

2022年は、すでに開催済みの地域からも2回目をやりたいとお声がけいただき、広島、静岡と開催の環が広がっています。2回目大歓迎です。

引き続き、現地で Python Boot Camp の開催をサポートをしてくださるスタッフを募集しています。ご興味ある方は、下記のフォームよりご連絡ください。

Python Boot Camp 全国ツアーお問い合わせフォーム


2022-06-16

Call for Proposal has been closed

Hello everyone, this is masamori from the PyCon JP 2022 content team.

Yesterday, we closed our call for proposals for PyCon JP 2022. We’d like to thank everyone who submitted one of the many proposals we received.


We received 120 proposals from 97 people. You can see a breakdown of categories these proposals have been submitted in below.



Again, we’d like to thank everyone who submitted a proposal.


We are now busy reviewing all these submissions and you can help too by joining our team of reviewers from the link below. You don’t have to review all proposals and if you are not comfortable in your Japanese language skills, you can choose to only review English proposals.



Brief schedule until proposals are selected (this is a tentative schedule and the dates and times are subject to change)

6/24 (Fri) Deadline for reviewer applications
7/2 (Sat) Deadline for reviewers
Mid-July: Notification of acceptance
(All times are JST.)

That's all for this blog.

プロポーザルの募集を終了しました。

こんにちは。

PyCon JP 2022 コンテンツチームリーダーのmasamoriです。


先日、PyCon JP 2022のトークのプロポーザルの受付を終了しました。

たくさんのご応募、本当にありがとうございました!


このブログでは、応募総数と簡単な内訳を発表したいと思います。


応募総数:120本

応募人数:97人


カテゴリーの内訳は以下の通りです。

(サンプルプロポーザルも含まれている可能性もあるので、応募総数と違いがあるかもしれません。ご了承ください。)




改めまして、たくさんのご応募本当にありがとうございました!


また、プロポーザルのレビューが始まっています。レビューに協力していただける方は、ぜひレビュアーとしての応募をお待ちしています!


レビュアー応募は以下のフォームからお願いします。

〜お知らせ〜

プロポーザル採択までの簡単なスケジュール(予定ですので、日時変更の可能性があります)


6/24(金) レビュアー募集締め切り

7/2(土) レビュー締め切り

7月中旬 採択決定通知


このブログでは以上になります。



2022-06-13

「Python Boot Camp in 広島 2nd」開催決定のお知らせ

みなさん、こんにちは。現地スタッフの溝下と申します。
「Python Boot Camp 全国ツアー」第46回の開催地は広島市です。
広島では5年ぶり、2回目の開催となります。

会場は広島駅から徒歩1分です。と言っても、広島駅は駅ビルの建て替えの大工事中です。新駅ビルは2025年春に開業予定だそうです。全く見違えると思います。今しか見られない更地の状態を観ておきませんか。あと、嚴島神社の大鳥居も修理中で覆いをかぶってます。これもまた絵葉書にはない珍しい姿ですよ(笑)。

Pythonについて気になっていたけど手を付けられていなかった方、独学であきらめてしまった方、この機会を利用してPythonに触れてみてください。講師やアシスタントが丁寧にサポートしますので、初めての方でもご心配なく。

  • 日 時:7月9日 (土) 13:00~
  • 場 所:ふれあい貸し会議室 広島A(JR広島駅から徒歩1分)
  • 参加費
    • 一 般:2,000円
    • 学 生:   500円

参加の申し込みはconnpassで
懇親会の会場:大人の隠れ家 ああばん(広島市東区光町2-5-3 第1平勝ビル1F)

5年ぶり2度目の開催

広島でのPython Boot Campは2017年3月に開催されましたので、今回が5年ぶり2度目の開催になります。前回の様子はこちら

実は私は前回の受講生です。当時はまだPythonについて今ほどポピュラーでなかったように思います。特に広島では。そのためか、前回の受講者は社会人が中心でした。ただ今回は、学生枠の方が早く埋まっている感じです。
一方、ティーチング・アシスタント(TA)には多くの応募があり、びっくりしています。この5年間のPython利用の広がりを実感します。

今回もTAをしていただく@nishimotzさんが1回目の開催の後、すごい広島 with Python」というコミュニティーを立ち上げられ、継続的に情報交換されています。今回もこの輪の広がりにつながればいいなと思います。

今回の講師は@takanoryさんです。前回にひきつづき、よろしくお願いします。

Python Boot Campとは?

Python Boot Campは、多くの皆さんにPythonを知ってもらいたいという意図で、全国各地で初心者向けのチュートリアルを行っています。
これまでの開催実績と開催レポートはこちら
https://www.pycon.jp/support/bootcamp.html#id10

今後の開催スタッフの募集も受け付けています。以下フォームからご連絡をお待ちしております。
Python Boot Camp 全国ツアーお問い合わせフォーム

これまでの開催実績は以下のページに情報がまとめられています。
近隣での開催予定などもこちらからご確認ください。
https://www.pycon.jp/support/bootcamp.html

2022-06-08

PyCon JP 2022 Call for Proposal Reviewers

Hello! I'm masamori, the PyCon JP 2022 Content Team Leader.

As I announced in
this blog recently, we are now accepting talk proposals.

Every year we receive a large number of submissions, for which we thank you from the bottom of our hearts. This year, we have received many attractive proposals from Japan and abroad.



We would like to invite everyone who submitted a proposal to speak at the conference, but unfortunately the number of sessions for the two-day conference is limited.
Therefore, we must review and accept or reject all proposals.

We believe it is important to review proposals from a variety of perspectives and strike a balance based on diverse opinions in order to make the talk sessions valuable to as many participants as possible.

However, the number of people reviewing proposals within the staff alone is small, and the reviewing viewpoints tend to be biased.

Therefore, we are looking for people who can review proposals for PyCon JP 2022 together with us.

Even if you are an inexperienced reviewer, it's okay, because the proposals accepted at PyCon JP 2022 will make the future of Python even more wonderful.

Please help us make this a great session by contributing your experience and knowledge. 

If you are interested, please apply using the reviewer application form
here.

Review Period: Until early July
Application Deadline: Friday, June 24, 23:59 JST
Reviewers who have submitted proposals may also apply to be a reviewer, but cannot review proposals submitted by themselves.


Reviewers who apply will be invited to the Slack PyCon JP workspace # 2022-reviewers channel. Detailed instructions on how to review will be provided on this channel.

You may also start reviewing when you are registered as a reviewer.

We look forward to hearing from you!

2022-06-07

PyCon JP 2022 スポンサーシップ検討企業向け カンファレンス規模のお知らせ

PyCon JP 2022 事務局担当の chanyou です。

先日、スポンサーシップの募集を開始いたしました。
この記事では PyCon JP 2022 のスポンサーシップを検討中の企業様向けに、今年のカンファレンスの規模感をお伝えします。
スポンサーシップパッケージ資料と併せて、プランの検討のご参考になれば幸いです。

すでに一次募集に応募された企業様も、期日まではプラン変更できます。
その場合は、フォームより変更後の内容でお申込みください。最後にお申込みいただいた内容で受理いたします。




PyCon JP 2022 の会場レイアウト


日程と会場についての詳細は以下のブログ記事よりご覧いただけます。

この記事に補足する形で、使用予定の具体的な会場フロアをご案内いたします。

カンファレンス当日はTOC有明コンベンションホールで開催予定です。
フロアの図面は以下よりご確認いただけます。

2022年10月14日(金),  15日(土), 16日(日) の開催を予定しておりますが、それぞれ以下のフロアを使用する予定です。

14日: 4F EAST / WEST 全ホール、会議室1-3(カンファレンス想定)
15日: 4F EAST / WEST 全ホール、会議室1-3(カンファレンス想定)
16日: 20F GOLD 20 全ホール、バックスペース(スプリント想定)

会議室1-3はスタッフ控室や託児所等の目的で使用する予定です。
現時点では E-5, W-1, W-2 をブース常設エリアとして確保して、それ以外のフロアをセッションエリアとする予定です。

スプリント期間はフロアが異なるため、スポンサーのブース出展は14日と15日のみ可能です。

セッションエリアはブース常設エリアを除くEAST / WEST ホールで、5トラック同時進行で行う予定です。ハーフサイズのE-2とE-3、W-3とW-4は連結1トラックとして使用する想定です。

各トラックには約150席を用意する予定で、全トラックで約750名が同時に着席してセッションを視聴することが可能な想定です。
感染症対策のため十分に間隔をあけた上で椅子のみの設置とし、例年設置していた机は設置しない想定です。


以上の内容は現時点での予定であり、実際の会場レイアウト等は変更となる場合がございます。


PyCon JP 2022 の想定チケット数


感染症対策としての必要換気量などを考慮した状態で 4F EAST / WEST 全ホールの定員は約1200名です。

合計で約1000名分のチケットの販売を予定しています。(オンラインチケットは除く)
上記に加えて、スポンサーシップ企業からの参加者と、搬入出等の業者が会場を出入りする想定です。

なお、チケットの最終的な販売枚数は前後する可能性があります。

また、直近2年間のカンファレンスはオンライン形式やハイブリッド形式での開催だったため、過去のカンファレンス参加者に向けて、今年のカンファレンスの参加意向(オフライン希望、オンライン希望など)を伺うアンケートを準備しています。


参考: 過去のカンファレンスの参加者数


直近4年間のカンファレンスの参加者数の推移をご紹介します。

PyCon JP 2018

  • 現地参加 1,156名

PyCon JP 2019

  • 現地参加 1,160名

PyCon JP 2020

  • オンライン Zoom 参加 631名
  • オンライン YouTube Live アクティブユニークユーザー 2,988名

PyCon JP 2021

  • 現地参加 29名
  • オンライン参加 629名

上記より以前のカンファレンスの開催状況は、以下より確認できます。


PyCon JP 2022 は Python ユーザの交流と徹底した感染症対策の両立を目指しており、参加者皆様が安心かつ安全な環境で参加できるようコロナ禍以前の2019年の参加者数を目標とし、開催を目指します。

共感いただける企業様には、ぜひ前向きにスポンサーシッププランへの申込みをご検討いただけますと幸いです。
ご質問がありましたら、お気軽にスポンサーシップパッケージ資料記載のお問合せ先にご連絡ください。