2022-05-09

PyCon JP 2022 Proposal Application Started

I'm Masamori, the leader of the PyCon JP 2022 content team.

We are pleased to announce the start of application of PyCon JP 2022 talk proposals!
We are planning to hold the event on-site this year. However, we will continue to monitor the latest information regarding COVID-19 and as a result our plans are subject to change to ensure a safe event.

Venue

Venue: TOC Ariake Convention Hall
Location: 3-5-7 Ariake, Koto-ku, Tokyo
Nearest stations: Kokusai-tenjijo (Rinkai Line), Tokyo Big Sight (Yurikamome)





From beginners to advanced players, we look forward to announcing your shared knowledge of Python .

We are looking for presentation languages ​​in Japanese or English !

Please check the proposal page for details.
https://pretalx.com/pyconjp2022/cfp

We are looking forward to your application!

Dates for Proposal Application

  • Application start date: May 9th (Mon)
  • Application end date:
    • AoE June 12th(Sun) 23:59
    • JST June 13th(Mon) 20:59
  • Application notification: Late July
If you have any question about the proposal, please contact us using this form.
Inquiry form about proposal

PyCon JP 2022プロポーザル募集開始

PyCon JP 2022 コンテンツチームリーダーのmasamoriです。

今年のトークのプロポーザルの募集開始をお知らせします!
PyCon JP 2022はオンサイト(現地)での開催を予定しております。

会場

会場: TOC有明コンベンションホール
所在地: 東京都江東区有明3丁目5番7号
最寄り駅: 国際展示場(りんかい線)、東京ビッグサイト(ゆりかもめ)




入門者から上級者まで、あなたの持っているPythonに関する知識を共有する発表をお待ちしています。

発表言語は日本語または英語で募集します!

詳細はプロポーザルのページをご確認ください。
https://pretalx.com/pyconjp2022/cfp

皆さまからのご応募をお待ちしています!

プロポーザル募集に関する日付

  • 募集開始日 : 5/9(月)
  • 募集終了日 : 
    • JST 6/13(月) 20:59
    • AoE 6/12(日) 23:59
  • 採用可否連絡 : 6月下旬

プロポーザルに関してご不明点があれば、こちらのフォームからお問合せください。
プロポーザルに関する問い合わせフォーム


PyCon JP TV #15「体験談から知る海外登壇」を配信しました。次回 #16 は5月13日(金)テーマは「PyCon US 2022」

鈴木たかのり@PyCon JP Associationです。

PyCon JP TV #15を配信したのでその報告と、次回#16の予告です。

PyCon JP TV #15

前回のPyCon JP TVは「体験談から知る海外登壇」と題して4月1日(金)に配信しました。視聴してくれたみなさん、リアルタイムでコメントなどいただいたみなさんありがとうございました。

見て面白かったら高評価してくれたり、チャンネル登録してくれるとうれしいです。

動画はこちらです。(インデックスも入っています)


各種関連情報へのリンクなどは、以下のPyCon JP TVのWebページで確認できます。

Pythonニュースでは以下についてとりあげました。

  • Pythonのセキュリティアップデートがリリース
  • PyCon JP 2022のティザーサイトが公開
  • EuroPython 2022、PyCon APAC 2022のCall for Proposal締め切り
  • PyLadies Tokyo Meetup #69、DjangoCongress JP 2022 4月作業日
  • PEPのWebサイトが新しくなった
    • PEP 676 – PEP Infrastructure Process
    • PEP 680 – tomllib: Support for Parsing TOML in the Standard Library
    • PEP 594 – Removing dead batteries from the standard library

メイントーク: 体験談から知る海外登壇

メイントークでは、海外のPyCon等で登壇経験のある人に事前にアンケートをとり、その内容を紹介しながら得られたことなどのエピソードを紹介しました。回答してくれたみなさん、ありがとうございます!

経験者のエピソードを参考に、海外登壇に挑戦してみようという人が増えるといいなと思っています。

13名が回答してくれました
アンケートでは以下の7種類の質問を用意しいました。どんな回答があったかはぜひ動画を見てみてください。

  • 体験談から知る海外登壇
  • どんな準備をしましたか?
  • 外国語の準備はしましたか?
  • 海外登壇で大変だったこと
  • 海外登壇で得られたこと、よかったこと
  • 海外登壇に関して伝えたいこと
  • その他エピソード

PyCon JP TV #16 予告

次回PyCon JP TV #16は2022年5月13日(金) 19:30から配信予定です。

メイントークのテーマは「PyCon US 2022」です。2022年4月27日〜5月3日にアメリカはユタ州のソルトレイクシティで開催された、PyCon US 2022(https://us.pycon.org/2022/)の現地の様子をお伝えします。

では、次回のPyCon JP TVでお会いしましょう。

PyCon JP TVお便りコーナー へのお便りもお待ちしています。

 



 

 

2022-05-08

PyCon JP 2022 プロポーザルについて

こんにちは!

PyCon JP 2022 コンテンツチームリーダーのmasamoriです。現在、プロポーザルの募集に向けて準備を進めています。

今回のブログでは、CfPオープンに先立ち、プロポーザルについての情報を共有したいと思います。

PyCon JP 2022 の基本方針

PyCon JP 2022のテーマは

Meet and Discover

出逢いと発見です。

コロナ禍ではなかなか外に出られなかったり、人と会うことが難しかったですが、それを乗り越えて新しい様式で皆さんと直接お会いできる場を作りました。

基本的には現地に集まり、多くの方とアナログでつながりながら技術の発表をしていただきたいと考えております。

東京の会場にお集まりの上、交流をしていただきたい。コロナ禍においても人とのふれあいを保ちつつ、新様式のつながりも保ってほしい。そんな願いを込めたカンファレンスの開催を目指しています。

という気持ちは強い一方で、昨今の社会状況も考慮し、諸事情(※)で現地に来られない場合もオンライン登壇という形で対応をします。その場合は、事前にご連絡いただきますようお願いいたします。

いずれにせよ現地会場では、安全性を確保した上で、そのための交流の場を作る予定です。

The information of the proposal at PyCon JP 2022

Hello! I'm Masamori, the leader of the PyCon JP 2022 content team.

We are currently preparing for the call of proposals.

In this blog post, I would like to share some information prior to opening the CfP.

 

Basic Policy of PyCon JP 2022

The theme of PyCon JP 2022 is

Meet and Discover


It was difficult to meet people because of COVID-19, but this time we created an event where we could meet in a new style.Basically, we would like you to gather in the venue and present the technology while connecting with many
people offline.

We would like you to meet at the venue in Tokyo and interact with each other, to create connections with the new style while maintaining contact with people even during the COVID-19 pandemic. We are aiming to hold a conference with such a goal in mind.

On the other hand, considering the ongoing situation, if you are unable or unwilling to attend in person, we will accept talk proposals to be presented online, but please let us know in advance if possible.

We will strive to ensure the best safety we can provide at the onsite event.

 

Talk Track
When submitting a proposal, please pick the category that most closely matches the contents of your talk.
At PyCon JP 2022, we made some changes from last years talk categories

The categories this year are:

  • Python core

    • Python grammar

    • New apis

    • Internal packages 

  • Tips of development with Python

    • Useful tools for development with Python

    • CI / CD

  • Test for development

    • Anything related to testing Python code

  • Web programming 

  • Machine learning 

  • Hardware

  • Visualization / Games / Music

    • Data visualization.

  • Related with another language

    • Other languages and how they related to Python

  • Approaching to social problem

    • How Python can be used to help with social issues such as COVID-19, which are a hot topic these days.

    • The definition of social issues is broad, so feel free to use this category if your talk is about any kind of non-technical issues.

  • Niche technique

    • Any niche you’re excited about and want to share with a wider audience.

  • Network programming

  • Python in education

  • Others 

    • If you don't see a category that fits your talk, please select this... (*)

(*) ... It is provided so that we can select the track of the talk that we did not expect. If you feel that no Track is applicable, select this. When it is adopted, it may be treated as another track at the discretion of the staff.

The proposal form

To help you submit your proposal, we’ll explain some of the fields of the form here.
Note that not all fields will be explained in detail, so if you have any further questions,
please contact us via the form linked below.

Abstract
Please provide a short overview of your talk.

Description

Please provide some more details about your talk and an outline of your timeline.


Knowledges and know-how the audience can get from your talk

Please specify what takeaways the audience can expect from your talk.


Prior knowledges speakers assume the audience to have

Please explain what the audience should already know to fully enjoy your talk.For example, suppose you want to talk about Domain Driven Design in Python. In that case, if prior knowledge about Domain Driven Design is required, please write so. You may use a bullet list.

 

Audience experience
Please choose the closest level of experience with Python the audience needs :
  • Beginner : Understands basic Python syntax and parts of the standard library.

  • Intermediate : Finished some Python tutorials and has experience with some third party libraries

  • Advanced : Several years of experience with Python, maybe published some packages, and is interested in the internals of Python and its performance.

That is all. If you have any further questions about your proposal, please feel free to contact us via https://forms.gle/QC3iWkxRjUkuUqx59

 We are looking forward to your application!








2022-05-02

[#pyconjp 2021] 印象に残ったトークを集計しました!/ What was the most impressive talk for the participants?

こんにちは。
PyCon JP 2021 座長でした、nikkieです。

PyCon JP 2021から半年が経過しましたね(光陰矢の如し!)。
PyCon JP 2021終了時に参加者の方に回答いただいたアンケートについて何回かに分けて報告します。

今回は、PyCon JP 2021で印象に残ったトーク(複数回答)について集計結果の発表です!
(2021/10/24 (JST)までの回答を集計)

  • Day1は96件、Day2は98件の回答がありました(参加者は629名です)
  • 選択肢にはKeynoteとLTも含まれますが、この集計では除いています

それでは行ってみましょう!
PyCon JP 2021ベストトークはこちらです!!(皆さま、心のなかでドラムロールをお願いします🥁🥁🥁)

 

 





PyCon JP 2021 ベストトーク🏆

印象に残ったという回答を最も多くいただいた講演(ベストトーク🏆)は

REI SUYAMAさんの「実装で知るasyncio -イベントループの正体とは-

でした。

2️⃣番目に多く印象に残ったと回答をいただいたのは
Hideyuki Ogawaさんの「位置データもPythonで!!!

3️⃣番目は
石原 祥太郎さんの「Pythonによるアクセスログ解析入門

です。

その他の講演についての集計結果はこちらの公開スプレッドシートを参照してください。


PyCon JP 2021 アーカイブ情報

PyCon JP 2021の公開可能なセッションのアーカイブ動画リストはYouTubeで公開されています。
https://youtube.com/playlist?list=PLMkWB0UjwFGkc0NVMnI5i0N8GkkU4x4k6

発表資料は、PyCon JP 2021のタイムテーブルページから確認できます。


終わりに

スピーカーの皆さま、発表ありがとうございました / Thank you to all the speakers for your presentations.
参加者の皆さま、アンケート回答ありがとうございました / Thank you to all the participants for answering the questionnaire.

PyCon JP 2022ではどんなトークを聞けるのか楽しみですね!
この記事を読んでいるあなた!
あなたからのトークの応募(=プロポーザルの提出)も楽しみにしています!🤗


合わせて読みたい

2022-05-01

We are preparing for the call for proposals

Hello! My name is Azuma, a member of publicity team in PyCon JP 2022.

Every year, PyCon JP selects conference presentations based on proposals submitted by both local and visiting Python users (reference:  
PyCon JP 2021 example ).

We are planning to start accepting proposals for PyCon JP 2022 on Monday May 9th, and are currently preparing.

If you would like to make a presentation at PyCon JP, please apply! 
We accept proposals both in English as well as Japanese.
Please check our blog or the official website for the latest information.

Please wait for a while until the recruitment starts!  
We are sincerely looking forward to your application!