2019年6月18日

「Python Boot Camp in 岐阜」岐阜県・高山市での開催決定のお知らせ!!

こんにちは!

Python Boot Camp  (以下、PyCamp) in 岐阜、現地スタッフを務める山ぴ〜 (@yoiciroyamakosi)です!
PyCamp in 岐阜は高山市での開催に決定しましました!!

岐阜県では初のイベントになります。

高山は、歴史ある地方都市で、ここ数年は人口の40倍以上の人、
年間400万人以上の観光客が訪れており、世界遺産の白川郷への
アクセスや、国の特別名勝である上高地へのアクセスも容易です。
また、日本一広い『市』である事はあまり知られておらず、
東京都と同じくらいの広さがあり、その90%以上が森林及び山岳地帯となり
自然豊かな場所です。

そんな歴史ある街並と自然が感じられる街で、PyCampに参加してみませんか?

※写真はユネスコ無形文化遺産に登録されている、春の高山祭の写真です。

イベント詳細


  • 日時: 2019年07月27日 13:00-17:30
     岐阜県高山市本町3-7
    •参加費  一般: ¥2,000    学生: ¥500
  • connpass
  ※懇親会では、本編で語り尽くせないPythonについて、交流しましょう!


Python Boot Campとは?


PyCampは、遠方に住んでいて、PyCon JPチュートリアルに参加できずにいた方や、周りにPythonを使っている人がおらず、始めるきっかけが掴めなかった方のためのチュートリアルイベントです。
参加者のほとんどが「これからPythonを始める人」で、同じスタートラインに立ってる人なので、自分の疑問はみんなの疑問。質問しやすい環境です。分からないことも講師やティーチングアシスタント (TA) のサポートでその場で解決できます。

過去の開催履歴や様子はこちら↓↓↓


講師


寺田 学 (@terapyon)

  • 一般社団法人PyCon JP 代表理事 / (株)CMSコミュニケーションズ 代表

Python製Webフレームワーク Zope / Python製CMS Plone の専門家として、大学系・公共系などのCMSコンサルティングや構築を手がけている。Ploneコアコミッターとして,Plone 4 の日本語検索部分を担当した。OSSに寄与し業務で使うことを実施している。
日本で初めて開かれた、PyCon mini JP (2011年1月)から主体となって活動し、2013年3月からは一般社団法人PyCon JP 代表理事を務める。 その他のOSS関係コミュニティを主宰またはスタッフとしても活動中。最近の興味は、動画配信と360度写真・360度動画の撮影と配信。


Pythonに興味があったけど、なかなかスタートを切れなかった方も、一歩目をPyCamp in 岐阜で踏み出してみませんか?

ご参加お待ちしています!!!




2019年6月16日

PyCon JP2019 プロポーザル採択速報/Proposal selection bulletin


PyCon JP 2019 プロポーザル採択速報/Proposal selection bulletin


PyCon JP 2019 へ多くのプロポーザル応募ありがとうございました。そして、おまたせしました。採択会議の結果を発表します。
全体のトーク応募数は260件でした.

全体で47本受け入れをしました。採択率は18.1%でした。
今回、採択できなかったトークの応募者の皆様、 今年は多くの応募がありトークの採択は非常に悩みました。LT、ポスター、ビギナーセッションの応募をお待ちしています。

Thank you for all your proposal submissions to PyCon JP 2019. We're excited to announce the results of our proposal review meeting.

In total number, we received 260 proposals.

Of these 260 proposals, we were able to accept 47 talks to fit our schedule, leading to an acceptance rate of 18.1%. Please do not be disheartened if your talk was not selected.


各トーク別の採択率は以下の通りです。
  • 45min, 応募数 116, 採択数 14, 採択率 12.1%
  • 30min, 応募数 92, 採択数 15, 採択率 16.3%
  • 15min, 応募数 52, 採択数 18, 採択率 34.6% 

The acceptance rates for each talk format are as follows:
  • 45 min, number of proposals:116, number of talks selected:14, acceptance rate: 12.1%
  • 30 min, number of proposals:92, number of talks selected:15, acceptance rate: 16.3%
  • 15 min, number of proposals:52, number of talks selected:18, acceptance rate: 34.6% 
 採択は以下の観点をもとに行いました。
  • Pythonとの関連: 内容はPythonと関連しているか?
  • 独自性・新規性:内容に独自性・新規性はあるか?
  • 構成:課題や目的、全体の流れ、ストーリーがしっかり構成されているか?
  • 技術・工夫: 目的や課題を達成するための技術の説明・利用方法や工夫があるか?
  • プレゼンテーション:プロポーザルを一目見ただけでどのような発表か分かるか?

 Acceptance was based on the following points:
  • Relation to Python: Is the content related to Python?
  • Uniqueness & novelty: Is the content unique or novel?
  • Structure: Is the issue, purpose, whole flow, and story well structured?
  • Technology & device: Does the content include explanation of technology, how to use a technology or device to achieve a purpose or resolve an issue?
  • Presentation: Is the content clear so that we can imagine your presentation at first glance of the proposal?
 その結果、以下のセッションを採択しました。
 As a result, the following sessions were selected:

45 min

  • 今年しか聞けないPythonとCOZMO
  • Excel と Python による社会インフラシステムの設定ファイルの自動生成
  • Inside a companion robot: Productive concurrency with Trio async-await ❤
  • KubernetesとJupyterHubで構築する機械学習eラーニングサイト
  • PythonとAutoML
  • It’s 2019 and I’m still using Python 2. Should I be worried?
  • Pythonで始めてみよう関数型プログラミング
  • Yet Another Isolation - Debian Packageと紐づく環境分離
  • Djangoで実践ドメイン駆動設計による実装
  • Shipping your first Python package and automating future publishing
  • 機械学習におけるハイパーパラメータ最適化の理論と実践
  • Xarrayではじめる多次元データ入門
  • Automate the Boring Stuff with Slackbot
  • Python Webフレームワーク比較

30 min

  • PyQt5で自分のためのIDEを作っちゃおう!
  • PyRun - Shipping the Python 3.7 runtime in just 4.8MB
  • 知ろう!使おう!HDF5ファイル!
  • Dashとオープンデータでインタラクティブに日本経済を可視化する
  • unittestで始めるユニットテスト入門
  • Python Website is Slow? Think Again!
  • SupportingPython3 in Large Scale Project
  • 高速量子ゲートシミュレータ Qgate
  • Pie meets Py - PythonでAndroidアプリをつくろう
  • I will never restart! Automatic hot reloading in CPython
  • When AI meets 3000-year-old Chinese Palmistry
  • 入門 自作検索エンジン
  • Pythonでライブをしよう -FoxDotを使った新時代のPython活用法-
  • 婚活・恋活領域におけるPythonを使ったマッチング最適化
  • Python による日本語自然言語処理  〜系列ラベリングによる実世界テキスト分析〜

15 min

  • チームメイトのためにdocstringを書こう
  • Pythonを使ったAPIサーバー開発を始める際に整備したCIとテスト機構
  • Doujin-activity with Ren'Py
  • Python ウェブアプリケーションのためのプロファイラの実装
  • ListはIteratorですか?
  • Simulation Model for 3D-printed Drug Development
  • メディアが運用すべき持続可能なVTuberをつくる技術
  • 変わっていく地方Pythonコミュニティのこれから
  • Making Blackbox models explainable using H2O.AI with Python
  • Anaconda環境運用TIPS 〜Anacondaの環境構築について知る・質問に答えられるようになる〜(仮題)
  • Getting Started with Asynchronous Python Web DevelopmentA few years ago, Python provided great tools for asynchronous programming since version 3.4 (asyncio) and version 3.5 (async/await syntax). As of 2019, the ecosystem around those new features has matured enough, it is possible to launch your new backend using the asynchronous capabilities of Python.
  • 機械学習ライブラリのPython API作成方法
  • pytestによるCIレボリューション
  • Ansibleを通じて「べき等性」を理解してみよう
  • ML Algorithm to Detect Rare Clinical Events
  • ブロックチェーンアプリのトランザクションに対するデータ分析
  • Introduction to FEM Analysis with Python
  • pandasのStyling機能で強化するJupyter実験レポート
*ウェイティングリストについては後日、お知らせします。
*Talks who have not been selected yet are put on a waiting list. We will inform you about that in more detail later.

MTGに参加したPyCon JP 2019 Staff

2019年6月12日

今年も参加費無料のPyCon JP 2019 スプリントを9/14(土)に開催! / We are going to hold PyCon JP 2019 Sprints for free on September 14th (Sat)!

(English below)

PyCon JP 2019では今年もカンファレンスに先立ちスプリントを9/14(土)に開催いたします!

会場は今年も昨年に引き続きHENNGE(へんげ)株式会社様に本社オフィスをご提供いただいております。また、ご好意でスプリント中の無料のドリンクと軽食および懇親会時の食事と飲み物もご提供いただけることとなりました。是非、後日公開予定のイベントページへの事前登録の上で、懇親会にもご参加ください!

昨年はプロジェクトリーダーの元で開発を進めるのみならず、当日集まった有志でドキュメントの翻訳を行うテーブルや、小さいプロジェクトをその場で決めて実装をするテーブルなど、多種多様なスプリントとなりました。今年も皆様のスプリントへのご参加をお待ちしております!

  • 日時:2019/9/14(土) 10:00 ~ 18:00(スプリント)
    • 18:30 ~ 21:00(懇親会)
  • 参加費:無料
    • PyCon JP 2019の申し込みがない方でもご参加いただけます。
  • 参加登録: 後日参加者とスプリントリーダーの参加申し込みを受け付けます。
    • 軽食準備の都合上、参加の際には後日公開予定のイベントページへの事前登録をよろしくお願いいたします。
  • 会場:HENNGE株式会社(へんげ)本社 5F





For PyCon JP 2019, we will once again hold development sprints!

The sprints are sponsored by HENNGE K.K. and will be at their office in Shibuya. HENNGE K.K. will also provide free soft drinks, coffee and snacks throughout the day, as well as provide free lunch and dinner, so you will have all the energy you need to code and collaborate with your fellow Pythonistas.

See you on the day of development sprints!

  • Date: September 14th (Sat), 2019
  • Time: 10:00 to 18:00 (Party 18:30~21:00)
  • Participation: Free! 🤩A PyCon JP 2019 ticket is not required, but we ask you to register for the event so we can make sure there's enough food and drinks for everyone.
  • Projects/Project leaders: We'll be announced later
  • Venue: HENNGE K.K. Tokyo Office, Shibuya. 5F

PyCon JP 2019 招待講演のお知らせ/Announcement of invited talk

皆様、こんにちは。
コンテンツチームのDs110 です。

今回は招待講演が決定致しましたのでお知らせします。
招待講演は2015年から毎年実施をしています。
本講演の目的は各界(学術や産業など)の第一人者をお招きし、普段では中々、聞くことの出来ないお話をPythonを関連させて講演いただくというものです。

本年は台湾の長庚大学准教授Renyuan Lyu氏に講演をお願いすることとなりましたのでお知らせします。

Hello everyone.

I am Daisuke from the Program Committee of PyCon JP 2019.

Let me announce our invited speaker for this year.
The purpose of this talk is to have an expert in a specific field present on their expertise and tell their stories, which go beyond what is usually covered at a Python conference.

For this year, we deviced to invite Prof. Renyuan Lyu from the Chung Gung University in Taiwan.

Please see below for the his profiles.


Renyuan Lyu 氏

Renyuan Lyu's Profile 

日本語での紹介(一部省略)
Renyuan Lyuは、20代で台湾国立大学大学院電気工学研究科で博士号を取得。 その後、台湾の桃園にある長庚大学にてオーディオ、スピーチ、言語、およびパターン処理を専門とする教員になりました。 最初の数年間、彼はC / C ++、Matlab、Perlを使って学術研究と教育活動を行い、表準中国語と台湾語の音声認識システムを作成しました。
また、彼は2015年から2017年にてPyCon JP で登壇しました。
現在、彼は大学の准教授で、確率統計、信号処理、パターン認識、および音声認識を教え、台湾の言語(台湾および北京語)の処理に関するトピックをすべてPython言語を使用して研究しています。

Completed profile
Renyuan Lyu got his doctorate degree from Graduate Institute of Electrical Engineering, National Taiwan University in his 20’s. After that, he became a faculty member of Chung Gung University, Taoyuan, Taiwan, specializing in audio, speech, language, and pattern processing. In his early working years, he used C/C++, Matlab, Perl to do academic research and teaching activity, creating the first several Mandarin and Taiwanese speech recognition systems.

As time passed by and the age increased, he found both physical and mental strength seemed to be declining little by little, he also noticed that it was getting harder to use the programming language mentioned above to code and do research efficiently. It was until 2011, he discovered Python. He re-trained himself and then rekindled his passion for coding. Through the process, he constantly found the beauty of Python, and gradually replaced all the other programming languages for teaching and doing research. He had also received a grant from Taiwan’s Ministry of Science and Technology for a two-year project on creating a Hanzi (Chinese character) programming environment for the Python programming language, and later he published the results of this project in Pycon JP 2017.

By the way, he started participating in the Pycon APAC event in 2014 and delivered a speech. Subsequently, he participated in Pycon JP for three consecutive years from 2015 to 2017 and delivered oral speeches, presented posters, participated in lightning talks. Especially in the lightning talk in 2017 when he applied Python to transcribe the singing voice of a Karaoke-style singing, he was greatly acclaimed and made many friends after the talking.
Because of his enthusiasm for Python, he began to influence his students, children and even his children’s classmates to learn Python. When his child was in middle school, he used to be a programming teacher for them in a specially educated (advanced) learning club. While his child was in high school, he also coached him to do a Python-based programming project.

He is currently an university’s associate professor, teaching probability statistics, signal processing, pattern recognition, and speech recognition, studying topics related to Taiwanese languages (Taiwanese and Mandarin Chinese) processing, all using the Python language.

2019年6月11日

6月16日にPyCon JP 2019 トーク採択MTGを開催します(オブザーバー募集!)

皆さん、こんにちは。
コンテンツチームの二木です。

PyCon JP 2019のトークにご応募いただいた皆さま、誠にありがとうございました。
6月16日にスタッフとレビューアーが集まって、トークの採択MTGを行います。
見学したい方はオブザーバー枠でご参加いただけます。

IMG_2717

参加登録について



※会場は株式会社ユーザベース様のイベントスペースをお借りします。

スタッフやレビューアーではない方も、議決権のないオブザーバー枠でご参加いただけます。
興味がありましたら、上記のリンクからご応募ください!


最後に


PyCon JP 2019では現在、以下を募集中です。

トークにご応募いただいた方には、採択結果を6月下旬にご連絡予定です。
期待と不安が入り混じった胸の内という方もいらっしゃるかもしれませんが、もう少しだけお待ちください!

PyCamp Caravan: オープンソースカンファレンス北海道に参加しました

こんにちは。Python Boot Campコアスタッフの筒井です。
「Python Boot Camp Caravan(PyCamp Caravan)」プロジェクト第2弾として、先日開催されたオープンソースカンファレンス(OSC)北海道の2日目(6月2日)に私と鈴木たかのりさん@takanory(以下、@takanoryさん)の2人で出展してきました。

今年の会場は札幌コンベンションセンター
今年の会場は札幌コンベンションセンター


ブース

10:00-16:00ぐらいまでの間、Python Boot Campの紹介をしていました。前回出展した沖縄では遠目に見て何のブースか分かりにくかったので、今回からPython Boot CampとPyCon JPのロゴを入れた布を敷くようにしてみました。
ブースの様子
ブースの様子
どうでしょう、前回のブースと比べて、かなり目立つようになったのではないでしょうか?
ブースには30名以上の参加者が話を聞きに来てくれました。学生の方がかなり多い印象でした。OSC北海道ではLOCALという組織が学生の交通費を支援する制度があるというのも理由の一つらしいですが、これだけ多くの若い人たちが楽しんでいるイベントを見ると嬉しくなってきますね。
札幌以外にも函館・旭川・室蘭・釧路・苫小牧・士別(私の実家!)等々、全道の色々な地域から来ているようでした。
Python Boot Campの趣旨や現地スタッフを募集している旨を説明すると、興味を持って話を聞いてくれる人がかなりいました。北海道では2016年にPython Boot Camp in 札幌を開催しましたが、この出展をきっかけに北海道の別の街でも開催してほしいと思っています。ブースに来てくれた皆さん、申込みフォームからの開催立候補、お待ちしています!(もちろん、北海道以外の地域からの開催立候補も歓迎です!)

トーク

14:00には@takanoryさんによるトークがありました。
Python言語最新情報~モダンな文法を知ってPythonを使いこなそう~」というタイトルで、2.4から最新の3.8までのPythonに導入された新機能についての紹介していました。
スライドは以下に公開しています。
Python言語最新情報〜モダンな文法を知ってPythonを使いこなそう〜
トーク中の様子
トーク中の様子
会場の参加者数もかなり多く、トーク後には質問も活発に飛び交っていて、@takanoryさんも手応えを感じていたようです。
開催後のアンケートでも好評だったようで、参加者のみなさんにも満足してもらえたのではないでしょうか。

LT(ライトニングトーク)

クロージングのLTでは、私が『「Python Boot Camp」であなたの街にPythonコミュニティを作ろう!』というタイトルでPython Boot Campの宣伝をしてきました。
私の番は後ろの方でしたが、その前のスピーカー全員のレベルが高く、かなり盛り上がっていたので、ちょっとプレッシャーは感じました。応募者多数の場合は選考になると事前に聞いていたのですが、選考外にならなくてよかった 😅
冒頭の自己紹介で「北海道出身ですが約12年ぶりに札幌に来ました」と伝えると、会場から拍手が起こり、温かい雰囲気で落ち着いて話すことができました。

懇親会

懇親会の会場はサッポロビール園。イベント会場からは遠いので、OSC北海道運営の皆さんが用意してくれたバスで移動しました。
懇親会会場はサッポロビール園
懇親会会場はサッポロビール園

料理は道民のソウルフード、ジンギスカン!(もちろんビール🍺も)
生ラムのジンギスカン!
生ラムのジンギスカン!

もちろんビール🍺も
もちろんビール🍺も
参加者数はなんと187名! かなり大規模な懇親会になりました。
プレゼント企画やLTなどもあり、大盛況でした。
びぎねっと宮原さんからのプレゼントとして「LOCAL10周年記念ケーキ」が登場し、みんなが集まって突然撮影会が始まるという面白い場面もありました。
LOCAL10周年記念ケーキ
LOCAL10周年記念ケーキ

私がLTでPython Boot Campの宣伝をしていたのを覚えていてくれて、そのことについて話題を振ってくれた人がいたのも嬉しかったですね。

その他

今回の出展は、Python Boot Campのターゲットになりそうな人たちが多数参加していて、手応えを感じる結果になりました。
「ブースで話を聞いていてPythonをやってみたくなった」といったツイートも見かけて、出展して本当によかったな、と思っています。
なにより、いち参加者として楽しいイベントでした。
クロージングの終盤に、びぎねっと宮原さんの長年の貢献に感謝するサプライズ表彰式が開かれているのを見て、初参加ながらも雰囲気の良さを感じました。
公式ポスターに「はじめて来ても最後まで楽しい!!」と書いていますが、本当にそうでしたよ!

2019年6月10日

PyCon JP 2019: ビギナーセッション登壇者 & 題材募集

皆さん、こんにちは。
コンテンツチームの二木です。

PyCon JP 2019のカンファレンスデーについてお知らせがあります。

過去に開催していたビギナーセッションを、カンファレンスデーの中で復活させます!!

この記事では、
  • ビギナーセッションとはなにか
  • 復活にかける想い
  • ビギナーセッションの登壇者の募集
  • ビギナーセッションで扱ってほしい題材(Pythonビギナーとして困っている/知りたかったこと)の募集
についてお知らせします。
ご興味ある方は、本記事中のリンクから奮ってご応募ください。

IMG_3056


ビギナーセッションとは


「Pythonの基礎の先への飛躍をサポートする」という方針で、過去のPyCon JPでビギナー向けに開催されていたハンズオンです。

PyCon JP 2016では
が開催されました。


ビギナーセッション復活への想い


勉強会に参加するとモチベーションは上がりますよね。
年に一度のPython祭り、PyCon JPに参加した方は、モチベーションもぐっと上がると思います。(実際私がそうでした)
モチベーションが上がったタイミングで手を動かせたら、知識の吸収も早く、効率的に学習できるんじゃないかと思います。

そこで、カンファレンス中に手を動かす機会としてビギナーセッションを復活させてみることにしました!

復活に際して、小さく始めるということを意識しました。
そのため、登壇枠は45分1枠予定、プロポーザル募集は日本語のみとします。
(たくさん応募が来たら、2020は大々的にやってもいいかもなんて夢想しています。。)


ビギナーセッション登壇者募集


PyCon JP 2019でのビギナーセッションは、「Pythonをある程度触った初心者が中級者に上がるためのステップ」をテーマにしたハンズオンとします。
プロポーザルは下記のリンクから募集します。
https://www.papercall.io/cfps/2297/submissions/new

ビギナーセッション登壇について


時間:45分(9/16のカンファレンス1日目に開催)

流れ:最初にソースコードや進め方を共有し、残りは手を動かす時間となります。
  • 登壇者と参加者とが一緒に手を動かす
  • または、各自で手を動かし、質問が出たら登壇者が随時対応
など登壇者が進めやすい形式としていただいて構いません。

登壇内容を考えるきっかけになるように、題材も合わせて募集しています。
参考になさってください。

プロポーザルの募集は日本語のみとします。

トーク、ライトニングトーク、ポスターセッションへ応募された方もビギナーセッションへの応募は可能です。

登壇に関わる重要な日付

  • 募集開始日 : 2019/6/10 (月)
  • 募集終了日 : 2019/7/7 (日) 23:59(JST)
  • 採用可否連絡 : 2019/7月下旬


ビギナーセッション題材募集


登壇以外でもビギナーセッションへ貢献できます。
Python入門者という方は、「中級者に進む上でここで躓いている」といった声をお寄せください。
Python中級者以上という方は、「これを知ったから中級者に進めた」ことを共有ください。

題材公募用Googleフォームで募集します。
(Python経験◯ヶ月の方がこんなことを知りたいという情報が公開されます)

回答はこちらのスプレッドシートで確認いただけます。


題材募集にかかわる重要な日付


  • 募集開始日 : 2019/6/10 (月)
  • 募集終了日 : 2019/6/30 (日) 23:59(JST)


終わりに


ビギナーセッションの登壇へのご応募ならびに、題材の回答をお待ちしています。

ビギナーセッションの参加については後日アナウンスします。
お楽しみに!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。