2019年5月24日

PyCon JP 2019 CFPレビュー会開催&レビュー観点のお知らせ | PyCon JP 2019 viewpoints of review

(Please scroll down for English)

こんにちは、PyCon JP 2019コンテンツチームスタッフの二木です。

5/21にPyCon JP 2019 CFPレビュー会が開催されました。
サイバートラスト株式会社様のオフィスにお邪魔して、トークプロポーザルのレビューを進めました。

レビュー会の様子

お知らせ:トークプロポーザルについて


PyCon JPのトークプロポーザルは こちら(papercall.io) から提出できます。(6/2まで)
すでに提出してくださった皆さま、誠にありがとうございます。
これから提出する予定、または迷っている方、以下の情報を参考にぜひ提出してみてください。
すでに提出した方も6/2の締切まではプロポーザルを修正できます

現在、レビューしていて見られる傾向は下記2点です。
  • 日本語のプロポーザルが少ない
  • 15分枠への応募が少ない(過去のLTのネタを膨らませてもいいかもしれませんね)

レビューの観点

  • Pythonとの関連: 内容はPythonと関連しているか?
  • 独自性・新規性:内容に独自性・新規性はあるか?
  • 構成:課題や目的、全体の流れ、ストーリーがしっかり構成されているか?
  • 技術・工夫: 目的や課題を達成するための技術の説明・利用方法や工夫があるか?
  • プレゼンテーション:プロポーザルを一目見ただけでどのような発表か分かるか?

Viewpoints of review

  • Relation to Python: Is the content related to Python?
  • Uniqueness & novelty: Is the content unique or novel?
  • Structure: Is the issue, purpose, whole flow, and story well structured?
  • Technology & device: Does the content include explanation of technology, how to use a technology or device to achieve a purpose or resolve an issue?
  • Presentation: Is the content clear so that we can imagine your presentation at first glance of the proposal?

タグの付け忘れに注意!



プロポーザルの内容を端的に伝えるタグですが、付け忘れが散見されました。

CFPレビュー会


PyCon JPのトークを決める上で、多彩な意見から、バランスを得るためにレビューを行っています。
今回の会は、6月以降のレビュー作業の効率化のために行いました。
最初にレビューアーマニュアルの読み合わせをして、レビューのやり方や観点を確認しました。

レビューしてみて

 


ピザや沖縄(PyCon Kyushu in Okinawa 2019)土産のサーターアンダギーをつまみつつレビューに取り組みます

読み合わせの後は、すでに来ているプロポーザルについて各自でレビューを行いました。
採択すべきかどうか考えながらプロポーザルを読む中で、「PyCon JPを自分たちの手で作っているんだな」と感じました。

レビューアーは公平で客観的にレビューするのですが、面識がある方のプロポーザルと分かる場合は、私情を挟まないようにするのが難しいと感じています。
「〇〇さんの話だから聞きたい」ではなく、「観点に即して△△だから採択すべき」は徹底したいところです。

最後に


PyCon JPでは現在、トークのプロポーザルの他にプロポーザルのレビューアーを募集しています。
ご興味ある方は、下記blogのレビューアー応募フォームからご応募ください。
https://pyconjp.blogspot.com/2019/05/pyconjp2019-reviewers-apply.html

また、令和初のPyCon JPを一緒に盛り上げていくスタッフも募集しています!
PyCon JP スタッフの会議は、最近では隔週ペースで開催しています。
興味のある方、ぜひ「にぎやかし枠」でご参加ください。

プロポーザル提出、レビュー、スタッフなど、皆さんのできる範囲でPyCon JPにご参加いただけると嬉しいです。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿