2020年4月20日

PyCon JP 2019 収支報告

こんにちは。PyCon JP 2019 副座長、会計担当のrmanzokuです。
昨年10月に開催されたカンファレンスの収支レポートがまとまりましたので報告します。
他のイベント開催者の方々の参考になれば幸いです。
PyCon JP 2019は、参加者の皆さん・スポンサーの皆さん・そしてスタッフの皆さんにご協力いただきまして、無事黒字で終えることができました。
ありがとうございました。

なお、PyCon JP 2019のスタッフ活動はボランティアであり、収支データにもスタッフへの給料・報酬といった項目はありません。
また、黒字となった金額については、一般社団法人PyCon JPの会計を介して、「日本国内のPythonユーザのために、Pythonの普及及び開発支援」に利用されます。


項目金額(千円)

収入
チケット収入18,517
スポンサー協賛収入10,753
小計29,270

支出
会場費3,921
広告宣伝費15,310
その他2,519
小計21,750
純損益7,520

詳細はこちらを参照ください。

会計担当として簡単にまとめを報告します。
まず収支について、大幅な黒字となりました。
要因としましてアーリーバードの廃止、一部企画の変更によるコスト削減等、例年からの変更がありました。
また、なによりスポンサー企業の協賛金が目標よりもたくさん集まり、安心したイベント運営ができました。
この場で今一度、お礼申し上げます。ありがとうございました。

一方で、スポンサーや来場者の方の期待、集まる金額に対して、スタッフのマンパワーが足りず、例年通りの提供を維持するのに精一杯と個人的には感じています。
この課題は、PyCon JP 2019で併催された一般社団法人PyCon JP運営会議でも議論されました。
PyCon JPは2018、2019と来場者、スポンサー、関連業者、スタッフ延べ1000人を越える規模となっています。
実は、私が昨年の黒字を引き継いで、コストを掛けてでもスタッフがやりたい企画、来場者、スポンサーにまた来年も参加したいと思えるような企画に専念できるよう、
お金を掛ければ負担が減ることはお金をかけよう、とスタッフの負担を念頭に考えて会計担当に名乗りを上げました。
例年スタッフが担当していたタスクをプロへ委託、会場から有料で提供されるサービスの活用を実施できました。
しかしながら、全体としては例年通りのタスクに追われるうちに開催当日を迎えることになったという思いが強いです。
無事開催はできましたが、やりたいことが全てできたわけではなく、反省点もまだまだ残る結果であったと個人的に考えています。

PyCon JP 2020では、イベントを一緒に創っていくスタッフを募集しています。
今年のPyCon JPは大規模な感染症の影響から、今後のPyCon JPの在り方を考え直す年となっています。
PyCon JPを継続、開催させていくにはボランティアのスタッフの力が必要です。
Pythonコミュニティを盛り上げたい方やカンファレンススタッフをやってみたい方の応募をお待ちしています。
日々の活動はConnpass上で確認できます。

0 件のコメント:

コメントを投稿