2019年7月29日

PyCamp Caravan: オープンソースカンファレンス名古屋に参加しました

みなさん、こんにちは!
PyCamp Caravanの塚本です。

7月13日(土)に愛知県名古屋市で行われたオープンソースカンファレンス2019 Nagoya(OSC名古屋)に出展してきましたので、当日の様子についてレポートしていきたいと思います。

会場の「名古屋市中小企業振興会館【吹上ホール】

愛知県ではPython Boot Camp(pycamp)を2年前に名古屋市にて開催していますが、三河地方でも開催できれば嬉しいと思っています。岐阜県は7/27に高山市で初開催されましたが、三重県ではまだ行われていません。このような地域の方が多く集まるであろうOSC名古屋で宣伝活動を行なってきました。

ブース展示

今回で「Python Boot Camp Caravan(PyCamp Caravan)」は3回目。これまでの出展経験を生かし、テーブルスカートをセットしたりチラシを立て掛けることで来場者の目に留まるブースになってきたと思います。

だんだんブースっぽさが増してきました!

また、初の試みとして、過去のpycampの写真をPCで表示させてみました。本当はスライドショーにしたかったのですが、フォルダ内画像をスライドショー再生するアプリって意外とないんですね。なので手動切り替えでした(笑)

OSC名古屋の来場者数は500名と多く、セミナーが開催されている時間でもブースに来てくれる方が多かったと感じました。そのため休憩時間がほとんどなく、用意された椅子に座っていたのは開場前だけであとはずっと立ちっぱなし・・・
そこへ私の活動母体である静岡県のコミュニティ・Unagi.pyから複数のメンバーがサポートで来てくれて、チラシ配りや説明を手伝ってくれました。本当に助かりました、ありがとうございました!!

さらに今回は愛知県を中心に活動しているPython東海さんのブースと横並びでした。Python同士ということで、お互いのブースに来場者が移動しやすく、うまく連携ができていたと思います。

来場者への説明の練習をPython東海の坪内さん・三浦さんに手伝ってもらいました

ブースに用意していたチラシは100枚でしたが、最終的にすべて配りました!
受け取ってくれた方のほとんどと話をして、pycampについて、そして開催するための手続きなどについて説明しました。やはり名古屋市の方が多かったのですが、豊橋あたりの方や岐阜県、三重県からの方も結構いて、興味を持って話を聞いてくれていたように思います。
これらの地域でpycampが開催されることを期待していますね!!

ライトニングトーク大会

ブース出展とセミナーが終了した後、ライトニングトーク(LT)大会が行われました。
私は「Python Boot Campからコミュニティを作ろう!」というタイトルで出場しました。
pycampの開催案内を前半に、後半は実際にpycampを開催した私の経験談を盛り込みました。最後の最後に時間配分を間違えてオチが中途半端になってしまいましたが、ハプニング的な笑いが取れたので良しとしておきます(笑)
この時のLT資料は以下で公開していますのでぜひご覧ください!
Python Boot Campからコミュニティを作ろう!

懇親会

OSC名古屋会場から徒歩10分ほどの距離にある「サッポロビール名古屋ビール園 浩養園」にて懇親会が行われ、ビールと焼肉を堪能してきました。
途中でスクリーンとプロジェクターが出てきてLT大会が再開(笑)されましたが、遠い席だったのでほとんど見えないし聞こえなかったのが残念でした。

OSC事務局・宮原さんのLT、聞きたかったのですが聞こえず・・・


今後のPyCamp Caravan

さて、次回のPyCamp Caravanは、京都に行きます!
8/2(金)〜8/3(土)に行われるオープンソースカンファレンス2019 Kyoto(OSC京都)に出展することが決定しています。
都合により8/3(土)のみの出展となりますが、ぜひお越しください!
出展決定のブログが公開済みなので、こちらもお読みくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿