2019年7月1日

PyCon JP 2019のライトニングトークとポスターセッションのレビュー観点 & スピーカーTシャツに関するお知らせ | PyCon JP 2019 viewpoints of review of Lightning Talks and Poster Session & T-shirts for speakers

こんにちは。PyCon JP 2019 コンテンツチームの小林です。

現在、PyCon JP チームでは、
PyCon JP 2019 のライトニングトークとポスターセッションで発表していただく内容を募集しています。

現在の応募数を共有します。( )内は採択予定数
ポスターセッション(個人)の応募数:4 (20本前後)
ポスターセッション(コミュニティ)の応募数:3(10本前後)
ライトニングトークの応募数:18 (5本前後)

募集終了日は、2019/7/7(日) 23:59(JST) です。

応募方法などの詳しい内容は以下の投稿をご覧下さい↓
PyCon JP 2019のライトニングトーク・ポスターセッション(個人・コミュニティ)の応募受付を開始しました! | PyCon JP 2019 Call for Lightning Talks and Poster session(Individuals and Community) is now open


Pythonに関する内容であれば大歓迎です!
普段、Pythonを使っていない方もお気軽にご応募下さい。
お待ちしてます!


------------------------------------------------------------------------------------

さて、本日は、
「ライトニングトークとポスターセッションのレビュー観点」と
「スピーカーTシャツ」に関するお知らせをします。


ポスターセッションとは?
ポスターセッションとは、ポスターを掲示し、その前で発表するセッションです。
こういった技術カンファレンスでは、トークセッションが主役のように感じますが、
ポスターセッションの存在を忘れてはいけません。
ポスターセッションの利点は、他の参加者と直接意見交換や議論ができることです。
「ある課題を解決するためにこういうライブラリー作った」や「Python を使ってこういったことをこうやって解決した」といったような内容やトークでご提案いただく形で応募OKです!
積極的なご提案をお待ちしています。


ライトニングトークとは?
ライトニングトークとは、5分間でPythonに関連することについて発表するセッションです。
ライトニングトークでは、貴方の持っている技術や経験を簡潔に分かりやすくまとめることが重要です。加えて、ただ単に「~をやった」というトークではなく、
「この5分の発表を聞くことによって、何が解決し、何が嬉しいか?」などを意識して提案してみてください。



まず、
「ライトニングトークとポスターセッションのレビュー観点」については以下の通りです。

レビュー観点


ライトニングトークとポスターセッション(個人)の共通のレビュー観点:

  • Pythonとの関連を重視: 内容はPythonと関連しているか?
  • 独自性・新規性: 内容に独自性・新規性はあるか?
  • 構成: 課題や目的、全体の流れ、ストーリーがしっかり構成されているか?
  • 技術・工夫: 目的や課題を達成するための技術の説明・利用方法や工夫があるか?
  • プレゼンテーション: プロポーザルを一目見ただけでどのような発表か分かるか? 

Common Review Points of Lightning Talks and Poster Session (individually):
  • Relation to Python: Is the content related to Python?
  • Uniqueness & novelty: Is the content unique or novel?
  • Structure: Is the issue, purpose, whole flow, and story well structured?
  • Technology & device: Does the content include explanation of technology, how to use a technology or device to achieve a purpose or resolve an issue?
  • Presentation: Is the content clear so that we can imagine your presentation at first glance of the proposal?

ライトニングトークのレビュー観点:

  • 5分で発表できる内容か?
  • ただやってみた系ではないか?
Review points of Lightning Talks: 
  • Is the content can be spoken in 5 minutes?
  • Isn't it just the content of "I tried to use something for trial"?

ポスターセッション(個人)のレビュー観点:

  • Pythonとの関連や独自性に重みを置いてレビューします。(トークプロポーザルのレビューよりは厳しくありません。)

Review Points of Poster Session (individually):
  • We will put weight on the association and uniqueness with Python and review it. (It is less strict than Talk Proposal Review. )

ポスターセッション(コミュニティ)については、査読を実施しない予定です。
(CFPのNoteにコミュニティのウェブサイトURLを記載して下さい)
※ 活動実績が不明であったり、怪しい投稿であったりした場合は採択されない場合があります。

We will not check poster session proposals for community
(Please write your community website in CPF note.)
※ We will reject in the case of unknown activity results or suspicious communities.



次に、「スピーカーTシャツ」については以下の通りです。

スピーカーTシャツについて


スピーカーTシャツは、査読を受けた発表者にのみ配布します。
つまり、スピーカーTシャツを受け取ることが出来るセッションは以下の通りです。
(Speakers in the following sessions can receive T-shirts for speakers because their proposals were adopted after a review process.)

  • トークセッション (Talks)
  • ライトニングトークセッション (Lightning Talks)
  • ポスターセッション(個人) (Poster Session (individually))
  • ビギナーセッション 


また、今年は「飛び込みライトニングトーク」を実施予定です。(カンファレンス当日、会場で募集します!)
後日、詳細を発表します。

注意:
以下のセッションは査読がないため、スピーカーTシャツを受け取ることができません。
(Speakers in the following sessions do NOT receive T-shirts for speakers because there is no review process.)
  • ポスターセッション(コミュニティ) (Poster Session (community))
  • 飛び込みライトニングトーク  (Open Lightning Talks, now planning)


以上、
最後までお読みいただきありがとうございました。







0 件のコメント:

コメントを投稿