2020年7月2日

Python Charity Talks in Japanセッション紹介 その4 「pytestによるCIレボリューション」

こんにちは、Python Charity Talks in Japanスタッフの筒井です。
今日は、7月4日(土)に開催予定のPython Charity Talks in Japanで行われるセッションの内容について紹介します。

第4回は阿部 一也さんのセッション「pytestによるCIレボリューション」についてです。

前回までの記事


スピーカーのプロフィール

名前: 阿部 一也さん

Institution for a Global Society(IGS)株式会社に所属(上席研究員)。今から13年前にIron Pythonを使って宇宙で実験する制御装置の開発に初めてPythonを使ったのがきっかけで、それ以降も適材適所で幅広く利用。
Start Python Clubやfin-pyなど8つのコミュニテイでスタッフの活動や、Pythonなどの技術書やビジネス書の監修・執筆・翻訳・査読なども行う。
Twitter: @abenben

阿部 一也@abenbenさん
阿部 一也@abenbenさん

トーク概要

タイトル: pytestによるCIレボリューション

PyCon JP 2019で発表した「pytestによるCIレボリューション」の内容をアップデートして発表します。pytestのアップデートや、CircleCIのUIやコンセプト変更についてもできるだけ紹介します。

スピーカーからのメッセージ

私はPythonのおかげで今も普通に生活ができています。この危機で苦しむPSFに参加者と一緒にせめてもの恩返しができることはとても光栄です。これからもPythonの発展を通して一緒に成長を続けましょう!

イベントの参加方法

このセッションに興味を持った人は、以下connpassイベントページから参加登録してください。スポンサーも募集しています!
https://pyconjp.connpass.com/event/177586/




0 件のコメント:

コメントを投稿