2019年9月27日

Python Boot CampコアスタッフによるPyCon JP 2019参加レポート

Python Boot Campコアスタッフの筒井です。先日9月16日・17日開催されたPyCon JP 2019にて、ポスターセッション「Python Boot Campで全国にPythonの環を広げよう!(2019年版)」を発表してきました。
また、前日の9月15日には「Python Boot Camp ミートアップ 2019」が開催されました。
今回は、この3日間の様子についてレポートをお届けします。

9月15日 「Python Boot Camp ミートアップ 2019」

会場は品川のTOKYO BEER HALLでした。最近オープンした店のようで、ビルの案内図に載っていなかったのでかなり迷ってしましました 😥

まずは全員で乾杯
まずは全員で乾杯
総勢24名の参加でした。前回は19名だったので、スケールアップしていますね!
前回のミートアップから1年ぶりに会う人、今回初参加の人、様々な人たちと話すことができました。


ワイワイ
ワイワイ
みんなPythonという共通項で集まっている人たちですが、それぞれバックボーンが違うので、会話の内容もバリエーションに富んでいて楽しい時間を過ごせました。

9月16日・17日 ポスターセッション「Python Boot Campで全国にPythonの環を広げよう!(2019年版)」

昨年のポスターセッションは2日目のみでしたが、今年は1日目・2日目両方で開催されました。
今年も昨年と同じくA0サイズの特大ポスターを用意して行きました。
これがA0特大ポスターだ!
これがA0特大ポスターだ!
こちらがポスターの原稿です。日本地図上で開催済みの地域を青く塗りつぶして、開催実績が分かるようになっています。
今年(2019年)のポスター原稿
今年(2019年)のポスター原稿
2017年からポスターセッションでの発表を続けてきましたが、年々開催地が増えて情報量が増えてきました。2017年・2018年当時のポスター原稿と見比べて見ましょう。
2017年(左)・2018年(右)のポスター原稿
2017年(左)・2018年(右)のポスター原稿
2017年時点で地図の白い部分(未開催地)が大部分だったのに、今では残り14都道府県(2019年9月25日時点)となりました。
未開催地出身の来場者と出会う確率が年々低くなってきましたが、それでも大分県・東京都立川市で開催してほしいとの声がありました。
まだ現地スタッフの立候補がないため、具体的な開催計画はありませんが、一人でも立候補する人がいれば最短1ヶ月で開催できます。我こそはという方は、以下フォームから申し込んでください!
Python Boot Camp 全国ツアーお問い合わせフォーム

開催希望以外にも、こんな話をしました。
  • バングラデシュで子供向けのPythonチュートリアルを開催したいので、ノウハウを共有してほしい。
  • ScalaでPython Boot Campのようなチュートリアルイベントをやってみたいので運営方法について知りたい。
学ぶ機会を広めたい、という気持ちは世界共通のようですね。ポスターセッションで私たちの取り組みを発表することで、こういった人たちが増えてくれると嬉しいです。

また、Python Boot Campから生まれた以下コミュニティがポスターセッションで発表していました。みんな楽しくコミュニティ活動を続けているようで何よりです。これからもっと色んな地方でコミュニティが立ち上がってくれるといいですね!


2日目の最後には関係者が集まって記念撮影をしました。

最後は全員で記念撮影!
最後は全員で記念撮影!
今年は遠方者支援制度を導入したお陰で、多くの人たちが集まってくれました(ちょっと窮屈に感じるくらいでしたね 💦)。

全体を通しての感想

2012年からPyCon JPに参加するようになって今回で8回目になりますが、規模が大きくなっていくだけでなく、その年ごとの運営スタッフのカラーが出ているようで、毎回飽きることがないです。
今年は15分セッションが新設され、ポスターセッションの数も増えたので、参加者にとっても刺激を得る機会が多かったのではないでしょうか。
今年のキーノートスピーカー、Cory Althoffさん・小池 誠さんのお話は、奇しくも独学でPythomを学び、自身のキャリアを築いていく内容でした。Python Boot Campも誰かにとっての「はじめの一歩」になって、Coryさんや小池さんのような人が育っていくのかなー、と思って聞いていました。
みなさん、お疲れ様でした。また来年お会いしましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿