2019年2月14日

PyLadies Caravan in 京都 を開催しました!

こんにちはPyLadies CaravanスタッフのKANANです。

2月4日(日)に二回目のPyLadies Caravan を京都で開催してきました!

PyLadies Caravanについて初めてな方は↓過去の投稿↓をご覧ください。
https://pyconjp.blogspot.com/2019/01/pyladies-caravan.html



今回のCaravanは、PyLadies Kyotoとの共催!!
しばらく活動休止だったPyLadies Kyotoの祝!再始動でもあります。
そして地域PythonコミュニティのはんなりPythonさんも遊びに来てくれました。

会場は株式会社はてなさんの京都オフィスをお借りしました。
デスクから葉っぱ型の傘?が伸びてたりする素敵なオフィスでMeetUp開始。


今回のテーマは、

「PyLadies Kyoto で、Pythonを使ったデータ分析とかやってみたい」

という、Caravan現地スタッフ、そして新PyLadies Kyotoオーガナイザーのmariさんのリクエストで「データ分析コトハジメ3部作」です。


第1部「Python入門~データ分析編~」(@kanan


最初は、データ操作とあわせて、統計的なデータの見方について学ぶセッション。
Microsoft Azure上に構築したAnaconda環境にアクセスして、みんなでJupter Notebookを使ってハンズオンです。
都道府県毎の集計データを使って、統計量やグラフを出力してみて、結果を解釈するというデータ分析基本のキを体験してもらいました。

人口とラーメン店舗数は相関関係がある?ない?



60分間のハンズオンの後は、お楽しみのお菓子もぐもぐ休憩タイム。
みなさん沢山のお菓子を持ってきてくれて、各テーブルにお菓子の山が!!
ブログ用のフォトジェニックなお菓子写真を撮るコンテストが緩やかに開催され、みんなでわいわい。
さて、今回のフォトジェニックコンテスト最優秀賞はこちら。

★★最優秀作品★★

Pythonとデータ分析とお菓子のコラボレーションが素敵な1枚ですね。




第2部「でぃーぷらーにんぐってなぁに?〜ぼんやりわかった気になる単語集〜」(@maaya8585)


お菓子でほっこりした後は、
DeepLearning等の機械学習分野でよく登場する用語についてまとめたセッション。

柴犬って見分けるDeepLearningはこんな感じ!

RNNとかCNNとか単語だけでは意味不明なキーワードや、人工知能やデータ分析といった上手く説明できない概念ってありますよね。
そんな単語の詳細はわからなくても、次に見かけたときに、「あ~、このへんね」ってなる為のインデックスを頭の中に作れた気分になれる内容でした!!


第3部「CNNことはじめ」(@foxbox)


今回のオオトリ!!!!!
DeepLearningの中でも画像を得意とするCNNのコトハジメ的セッションです。
Grad-Camという、画像判別時にどこを有効な特徴として捉えたかを可視化することができる手法について紹介してくれました。
DeepLearningは、どうしてその結果になったのかがブラックボックスと言われていますが、このGrad-Camは画像のどこらへんで識別したのかがわかるんです。ほほぅ!

実際のコードとともにCNNを解説するmariさん


ちなみに、mariさんは初の登壇体験。
最後に「緊張しましたー」と言いながらのやり切った笑顔が印象的でした。
PyLadies Caravanでは、はじめての登壇も全力で応援してまいります!


懇親会


セッションの後は、恒例のみんなのお菓子と一緒に懇親会!!
いろんな話題できゃっきゃ盛り上がっていました。

  • Pythonはじめたての勉強方法ってみんなどうしてた?
  • こんなWebアプリ作れたら面白そうですよね!
  • 京都のコミュニティで借りれそうな会場ってどこかな?

もちろん閉会後は、お酒を片手に引き続き懇親会。
会場提供してくださったyutaroさんセレクトの海鮮居酒屋。

各テーブルでわいわい!二次会もたくさん参加してくれました!
話も盛り上がり、日本酒もめっちゃ美味しくて、
東京に帰るのに後ろ髪をひかれたのは言うまでもなしです。

さいごに


今回、11名の方々にご参加いただきました!
参加いただいた皆さんに、ここから始まるなにかがあれば嬉しい限りです♪
またこの地にPythonで訪れるのをとっても楽しみにしています!

そして、PyLadies Caravanでは、運営スタッフを募集しています!!
PyLadies CaravanのMeetUpを開催するには、開催地にお住まいの「地元スタッフ」が不可欠です。PyLadies Caravanのイベントに興味が沸いた女性Pythonistaの方がいらっしゃいましたらぜひ下記お問い合わせフォームよりご連絡ください!

PyLadies Caravanお問い合わせフォーム
http://bit.ly/plcaravan-contact-us

また、通年各地のPyLadies Caravanに携わるコアな運営スタッフも随時募集中です。ご興味ある方いらっしゃいましたら同じく上記お問い合わせフォームよりご連絡ください!

もっと日本中の女性Pythonistaを元気に('ω')g!
以上、PyLadies Caravanからのイベント報告でした〜




0 件のコメント:

コメントを投稿