2021年5月28日

PyCon JP 2021 プロポーザルフォームに書くAudienceの情報について / About audience information in the proposal form

(English follows Japanese)

こんにちは。
PyCon JP 2021スタッフの中村です。

PyCon JP 2021のプロポーザルのフォーマットについて紹介します。 
  • Audience level
  • Prior knowledges speakers assume the audience to have(2020ではAudience expertise)
  • Track
このブログでは、Audience levelとPrior knowledges speakers assume the audience to haveについて説明します。
プロポーザルを提出する際にぜひ参考にしてください。
Screen Shot 2020-09-10 at 18.25.40


Audience level

Audience levelは聴衆がPythonにどのくらい詳しいかを表します。
あなたの想定している聴衆について、以下から一番近いものを選んでください:
  • BeginnerPythonチュートリアルなどでPythonの文法や標準ライブラリの使い方を学んでいる
  • Intermediate:Pythonチュートリアルを終え、サードパーティーライブラリを使って、Webアプリ開発、データ分析、自動化などのいずれかに取り組んでいる
  • Advanced:Pythonを数年使っていて、パッケージを公開していたり、Pythonのパフォーマンスや内部実装に関心があったりする
  • Expert:Python自体やよく知られたPythonライブラリに開発で貢献している

トークの方向性には、例えば以下の2つがあるでしょう。
  1. 聴衆がすでに知っていることの理解がさらに深まるような情報を共有する(例:Beginnerに向けてPythonチュートリアルの特定のトピックを深堀りする)
  2. 1つ上のレベルに進むための情報を共有する(例:Beginnerに対してIntermediateに進むために必要と考えることを共有)

Prior knowledges speakers assume the audience to have

あなたのプロポーザルにおいて、必要となる、もしくはあれば良いと思われる前提知識を書いてください。

例えば、あなたはドメイン駆動設計の経験が豊富で、Pythonでドメイン駆動設計という発表をしたいとします。この場合、ドメイン駆動設計の知識が必要、もしくはあったほうが良いのであればその旨を書いてください。必要となる前提知識の箇条書きでも可です。


このブログは以上です。

変更について説明が不十分だったり、私たちが見落としたりしている点もあるかと思います。
ですので、プロポーザルを書いていて不明な項目があったら、ためらわずに質問してください。


いただいた質問にはFAQ用のブログにて回答する予定です。

--------------------------------------------------------------------------------

Hi there,
I'm Nakamura, a member of the PyCon JP 2021 staff.

I’m explaining some items on the proposal form this year. 
  • Audience level
  • Prior knowledges speakers assume the audience to have (* Audience expertise in 2020)
  • Track
In this post, I'll explain "Audience level" and "Prior knowledges speakers assume the audience to have".
Please use this as a reference in submitting your proposal.

Audience level


"Audience level" means how familiar the audience is with Python.
Choose the one item below that most closely matches "Audience Python level" of your talk:
  • Beginner: who are learning Python syntax and know how to use standard libraries through The Python Tutorial, and so on
  • Intermediate: who has finished The Python Tutorial and work on such as web app development, data analytics, or automation, and so on, using third-party libraries
  • Advanced: who have been using Python for a few years, have published a package, or are interested in Python performance or internal implementations
  • Expert: who contribute in the development of Python itself and well-known Python libraries

For example, there would be two directions for the talk.
  1. to share information which will help your audience to understand more deeply what they already know
  2. to share information which will help your audience to go up their Python level to one level higher

Prior knowledges speakers assume the audience to have


Please write down in your proposal if there is prerequisite knowledge that you wish or need the audience to have.
For example, let’s say you have a lot of experience in Domain-Driven Design and you want to give a presentation on Domain-Driven Design in Python. In this case, if you think that the audience needs or should have knowledge of Domain-Driven Design to understand your presentation, please write about it. A bullet list of required prerequisite knowledge is also acceptable.

That’s all for this post.

I think there may be some things that are poorly explained about the changes or that we're missing. 
Therefore, if you are unsure about any of the items of the proposal form, please do not hesitate to ask questions!
We'll be answering your questions on our FAQ post.

0 件のコメント:

コメントを投稿