2021年11月9日

PyCon JP 2021 Advent Calendar、やりますよーー!!(参加者募集中🙏)

#pyconjp

皆さん、こんにちは。
PyCon JP 2021 座長のnikkieです。

今回はPyCon JP 2021 Advent Calendarのお知らせです!


📣PyCon JP 2021 Advent Calendar

https://qiita.com/advent-calendar/2021/pyconjp

PyCon JP 2021にちなんだアウトプットでアドベントカレンダーしましょう!

例えば、以下のようなアウトプットを募集しています。

  • 参加レポート
    • カンファレンスの全体的な感想
    • 特定のトークへの感想
    • トークで知ったことを「やってみた」「素振りしてみた」アウトプット
    • 当日参加していなくても、アーカイブ(※準備中)を見てのアウトプットも歓迎です!
  • スピーカーによる
    • トークの補足
    • トークの裏話
  • スタッフによる
    • PyCon JP 2021 準備裏話
  • スポンサーの方も歓迎です!

10/15, 16の開催後に #pyconjp ハッシュタグでレポートを共有いただき、ありがとうございました。
すでにアウトプット済みの方も過去記事のAdvent Calendarへの登録、歓迎です!


なぜやるのか?

PyCon JP 2021に関係するアウトプットを増やしたい! そのためにやります。

PyCon JPのコンテンツの中心はプロポーザルで公募するトークと考えています。
2019年からPyCon JPスタッフをしていますが、2020以降、投稿されるプロポーザルの数が減少しています。

  2019 [1] 2020 [2] 2021 [3]
投稿数 260 115 85

ここにどうアプローチするかを最近考えています。

「PyCon JPでトークしてみたい」という方を増やすには何をしたらいいか?
いきなり登壇はハードルが高いはず。ということは、小さなアウトプットの機会を作ってみたらどうだろう? [4]

そんなことを頭の片隅に置いて11月頭に全体mtgをしていたとき、閃きました。
PyCon JP 2021に関するAdvent Calendarをやってみたらどうだろう」と。
オンライン会場のDiscordにある、参加者がアウトプットを共有できる #blogs チャンネルを見て思い付きました。

Advent Calendarをきっかけに小さなアウトプットをし、そのネタを育ててどこかのPyConで登壇。
そんなことが起こったら素敵だなと考えています。
どれくらいご参加いただけるかは未知数ですが、まずはやってみたいと思います。

「Advent Calendarだから」と身構える(自分でハードルを高く設定する)必要はないと考えています。
小さなアウトプット、大歓迎です!

みなさんのご参加をお待ちしています!🙏

https://qiita.com/advent-calendar/2021/pyconjp


脚注

[1] https://pyconjp.blogspot.com/2019/06/pycon-jp-2019-proposal-selection.html

[2] https://pyconjp.blogspot.com/2020/06/pyconjp-2020-proposals-details.html

[3] https://pyconjp.blogspot.com/2021/07/pyconjp-2020-proposals-details.html

[4] 当日のLTも、この仮説をもとに「こんなことをやりたいので力貸してください」とスタッフに提案しました

0 件のコメント:

コメントを投稿