2017年1月30日

PyCon JP 2017 全体MTG #3 2017.01.26

PyCon JPスタッフの小林です。

PyCon JP 2017 全体MTG #3を開催しましたので、その様子をこちらで報告いたします。


会場


今回のMTGはBePROUDさんに会場を提供していただきました。ありがとうございます。
(好立地なオフィス、うらやましい。)

19:30~22:00くらいまで。みっちりと。みなさん通常の業務が忙しいなか集まりました。

現地参加が難しい人は、ハングアウトやslackでリモート参加もできます。


スタッフ


今回の参加者は20名ほど(リモート含む)で、初参加は5名。
初参加の方、多いです。

かくいう私もPyCon JPスタッフは初めて。
#3からの参加でいいのかな?とも思いつつ勢いで参加してきました。勢いWelcomだそうです。

今回のMTGに参加できなかったスタッフも大勢います。

年齢も業種もばらばら。
Pythonにまだ触ったことがない人
なんとなくPythonが気になっている人
Pythonがないと生きていけない人
・・・

"Python"を共通項にして人が集まり、PyCon JPを運営しています。
今回お会いできていない方も大勢いるので次回以降のMTGも楽しみです。


我らが座長

徐々に人が集まり、最終的には部屋がいっぱいに



今回の話し合い


おおきくわけて、「テーマ」「コンテンツ」「チーム」の3つについて話し合いました。

テーマ


まずひとつ目。PyCon JP 2017のテーマ。

今年のPyCon JPの方向性を決めるうえで重要なテーマ。

こういうことを伝えていきたいね。という柱。

「わかりやすくないといけないよね。かつキャッチーでもあり」
「いま、Pythonってこうだよね」
「日本語でいくの?英語で行くの?」
「少しは遊び心を入れても」
などなど

既出の案についての意見交換と新規の案出しを行い、今月中にスタッフ投票によってテーマ案を絞り、2月早期に本決定としよう。となりました。

決定したテーマがいつお披露目になるのか。お楽しみに!


コンテンツ


次はコンテンツ。

昨年これができなかったから今年こそは。
今年はこんなことを新しくやってみたい。
などなど。

「新しくこれをやってみたい案」もたくさんでてきました。

昨年のパンフレットをみさせていただいたのですが、コンテンツの多さにおどろき。
期間中、コンテンツが盛り沢山。

今年は、昨年よりもパワーアップしたPyCon JPになるのは確実でしょう!

チーム


最後にスタッフのチームについて。

PyCon JPではスタッフが各チームに分かれて運営をしています。
プログラム/事務局/会場/システム/デザインなどのチームがありますが、まずはチーム毎の役割をざっと確認し、昨年のPyCon JPを振り返って今年のチーム編成はここを変更した、あるいはここを見直そうというような話をしました。

今回のMTGをうけて、改めてやりたいことを検討して決めてもらい、チームとして動き出せる状態になればチーム単位での活動にシフトします。
あとは各チーム主体でタスクを起こして運営していくと。

自分は何ができるかな、と改めて検討してみなければ。(私の話)



会議のあとは


会場近くの居酒屋へ。
ラストオーダー間際に10人ほどでなだれ込み。さっと飲んでささっと解散。
写真は撮り忘れました。


本番に向けて


日本中でPython熱が高まっているであろういま、色んな人にPythonの面白さ、可能性、未来を伝えられるPyCon JPにしようとスタッフ全員で鋭意奮闘中です。



スタッフ募集中


PyCon JP 2017を一緒に作っていきたいかたは、以下から申し込みを受け付けていますのでご応募お待ちしております。

PyCon JP 2017 スタッフ申し込み

「PyCon JPスタッフがどんなことをしているのか気になるな」という方は「にぎやかし」枠がありますので、そちらでMTGなどに参加していただければ。

一緒にPyCon JP 2017を盛り上げたい!という方、お待ちしております!


0 件のコメント:

コメントを投稿