2013年7月30日

PyCon APAC 2013 in Japan を支えるスポンサーの皆さまをご紹介します

今年のPyCon APAC 2013 in Japanを支えるスポンサーの皆さまをご紹介します。
(2013/07/30現在のスポンサーです)

Platinum

Gold

Silver

CodeIQ
株式会社ゼロスタート
ウェーブオン株式会社
株式会社キャッチボール・トゥエンティワン
シルバーエッグ・テクノロジー株式会社
BizMobile株式会社
株式会社Nexedi
トライアックス株式会社
フェアリーデバイセズ株式会社
Shannon Lab株式会社
DODA
株式会社ビープラウド
株式会社MARIMORE
GitHub Inc.
アリエル・ネットワーク株式会社
tracpath

スポンサーの皆さまの名前とロゴは、PyCon APAC 2013 in Japan公式サイトにも掲載させていただいています。
また、スポンサーはまだまだ募集しています。詳細、申し込み先はこちらです。
http://apac-2013.pycon.jp/ja/sponsors/prospectus.html
アジア太平洋地域に自社のアピールをしたい企業の皆さま、この機会にぜひご検討ください。

つつい

PyCon APAC 懇親会パーティ チケット発売中!

みなさんはPyCon APAC 2013のチケットはもう購入されましたか?早割が使えるのも後2週間、8月14日までです。お早めに!

また、カンファレンス後の、懇親会パーティのチケットもConnpassで発売中です。今年はAPACということで、懇親会も特別な場所で・・・なんと都庁!カンファレンス会場から歩いてすぐ、というのもあるのですが、なんといってもザ・トーキョー。都庁の45階、展望フロアを借り切ってのパーティを開きます。下見で展望台にお邪魔したのですが、見下ろす夜景がすごいです。

カンファレンス後は、都庁をPython色に♩

こちらも前売りチケットはお安くなっておりますのでオススメです!


(神谷)

2013年7月24日

PyCon Taiwan と PyCon Singapore の参加レポート

今年の5月と6月にそれぞれ開催された PyCon Taiwan 2013PyCon Singapore 2013 に私も含めて日本から数名が参加してきました。
せっかく参加してきたので、どんな感じのイベントだったのか、またこういった海外イベントへの参加の楽しさなどを知って貰いたいと思い、CodeZineさんでレポートを掲載させていただきました。興味があったらぜひ読んでみてください。
PyCon Taiwan 参加メンバー

PyCon Singapore 参加メンバー
そして、9月に日本で開催する PyCon APAC 2013 in Japan は現在参加チケット販売中です。また、パーティーのチケット発売もはじまりました。ぜひ参加して世界中の Pythonista と一緒に楽しみましょう!!

たかのり

1分で読めるミーティングレポート(2013/07/22分)

2013/07/22、PyCon APACスタッフミーティングが開催されました。
今回も、ざっくりとミーティングの様子をレポートします。

議事録はこちらに公開していますので、併せてご覧ください。
https://docs.google.com/document/d/1zeW5o05QKsuGTspf7DiJl5SHZ7mN2zXwXjkC1Xt6twg/edit
ミーティングの様子
ミーティングの様子

プログラムについて

CfP選考

先日閉めきったCfPの結果を元に、プログラム担当者が行った選考内容の報告がありました。採用連絡は今月中に、不採用連絡は採用連絡の後に行われる予定です。

チュートリアル

会場がホテルローズガーデンに決まりました。
詳細は近日中に改めてブログで発表しますので、お待ちください。

広報について

事前インタビュー

CfPが採用された人向けに、事前インタビューのオファーを出すことになりました。
インタビューは、PyCon APACにご協力いただいているメディアさんにお願いする予定です。

メディアスポンサーの扱い

メディアスポンサー=事前告知に協力していただいたメディアさん
ということになりました。
カンファレンス当日に取材していただいたメディアさんにはプレスパスを発行します。

パーティについて

参加費について

学生の方には非常に申し訳ないのですが、パーティ参加費の学割は作らないことになりました。お値段以上の価値があるパーティになので、ぜひお小遣いを貯めて参加してくださいm(__)m

スポンサーについて

パトロンスポンサー

パトロンスポンサーのお金がどういう用途で使われるのかについて告知することになりました。やはり安くない金額ですから、どう使われるのか知りたいですよね。

ランチについて

業者のリストアップを終えて、実際に試食を行うことになりました。

遠方支援について

支援対象者

今年はAPACというのもあって、アジアの人を中心に支援していこうということになりました。

昨年遠方支援を受けた参加者

昨年遠方支援を受けた人が今年も遠方支援を申し込んだ場合は、今年初めて申し込んだ人より優先順位を下げることにしました(申し込めないわけではありません)。


私(つつい)が昨年スタッフとして参加したころは漠然と「すごそうなイベント」という感じで見ていましたが、色々な部分が具体化されてきましたね。開催が待ち遠しいです!
参加申込みはこちらで受け付けていますので、皆さんぜひいらしてください!

つつい

2013年7月12日

PyCon APAC 2013 in Japan Keynote2人目が決まりました

PyCon APAC 2013 in Japan Keynote2人目が決まりました。

2人目は、Rian Hunterさんです!

Rian Hunterさんは、Dropboxの3番目のエンジニアであり、初期の頃からの開発メンバーでもある方です。
Dropboxは、恐らくほとんどのPCユーザーが使ったことがあるのではないでしょうか?
超有名サービスの中心メンバーであるRian Hunterさんをお迎えすることができて、スタッフ一同も興奮しています。
この機会を逃さず、ぜひご参加ください。参加申し先はこちらです!
http://connpass.com/event/2703/

つつい

2013年7月9日

PyCon APAC 2013 in Japan チケット発売中

このブログでの告知が遅れましたが、9月13日(金)-16日(月、祝)に開催される PyCon APAC 2013 in Japan のチケット発売が開始されました。

通常チケット

通常チケットは以下のリンクから購入出来ます。
前売り料金5,000円で14日15日のカンファレンスの全講演、ランチ、コーヒーブレイク、PyCon APAC Tシャツとグッズがついてきます。お得ですね。

また、同じページから学生チケットも枚数限定で購入可能です。学生チケットを購入する場合は購入時のアンケートに「学生料金(3,000円)」のチェックボックスをチェックしてください。

Patronチケット

それから、個人またはスタートアップ企業向けの Patron スポンサーも合わせて募集しています。Patron チケットは以下のリンクから購入出来ます。
Patronチケットは10,000円で上記の通常チケットに加えて、Patronスポンサーバナーリンクをサイトに掲載します。パトロンスポンサーによってサポートしていただいた費用をみなさんにどういう風に還元できるかについて検討中です。

Proposal締め切り間近!!

カンファレンスの発表内容の申し込みをCall for Proposalで受け付けていますが、締め切りが本日(7月9日)です。ネタがある人もない人も、無理やりネタを作ってぜひ応募してみてください。
みなさんの参加とたくさんのProposalお待ちしていまーす。

たかのり

2013年7月1日

2013年7月の python 関連イベント

PyCon APAC 2013 in Japan の Proposal 締め切りはアメリカ時間とかだとまだ多少猶予がありますが、それはさておき 7月の python 関連イベントを紹介します。
 Python Develpers Festa(#pyfes)は今回から子連れ枠というのができたそうです。なかなか興味深い取り組みですね。
また、Shizuoka.py は4月に引き続き2回目の開催です。

7月には海の日で13(土)、14(日)、15(月・祝)と三連休がありますが、Pythonイベントで連休を過ごすというのもありではないでしょうか。ないですか?

少し先ですが、8月30日(金)〜9月2日(日)と Python mini hack-a-thon 夏山合宿 2013 が行われます。私も参加予定ですが、今年も高原で避暑してビール飲んで肉食べて合間にPyConの準備したりとかする予定です。

たかのり